SFAとは

SFAと呼ばれる営業支援システムを導入することで、
営業活動に関わる顧客情報や取引情報を管理しやすくなります。
そこで今回は、営業活動の生産性向上が期待できるSFAについて、
SFAを導入することで得られる成果や、代表的な機能をご紹介します。

SFAとは?

SFAとは「Sales Force Automation」の頭文字を取った略語で、
「営業支援システム」
を指します。
営業支援システムとは、情報技術(IT)を活用し、営業に関わる支援を行うシステムです。
具体的には、顧客に関する情報や営業活動の進行状況などをITにより管理することで、
営業活動の効率化を図る仕組みです。

SFAを導入することで得られる成果

ここでは、SFAを導入することで得られる成果の一部をご紹介します。

営業情報を社員全員に共有できる

SFAを導入することで、営業情報を全社員に共有することが可能です。
そのため、担当者が退職した場合であっても、
業務の引き継ぎをスムーズに行うことができます。

営業が外出先で顧客情報や取引情報を確認できる

営業が顧客先に訪問する際、外出先でその都度顧客に関する情報や現在の取引状況を確認できるため、
時間のロスを最小限に抑えられます。

営業活動の改善策をデータに基づき考えることができる

受注や失注までの細かな営業プロセスは、SFAにデータとして蓄積されます。
この蓄積したデータを分析することで、デジタルな根拠に基づき、営業活動の改善策を考えることが可能です。

SFAの代表的な機能

ここでは、SFAの代表的な機能についてご紹介します。

レポート作成

各営業が使用するグループウェアや、グループウェア内のスケジュール機能からレポートを直接登録できます。

案件の進行状況の確認

各営業の担当案件について、案件の進行状況を確認することが可能です。
進行する予定の案件に動きがなかったり、遅れが生じたりしている場合、早期に気づくことができます。

企業情報、担当者情報の管理

営業先企業や担当者に関する情報を、一括して管理することが可能です。

おわりに

今回は、営業活動の生産性向上に欠かせない「SFA」について、
SFAの導入で得られる成果や代表的な機能についてご紹介しました。

SFAを導入することで、顧客管理に費やす労力を削減できるため、
営業活動の生産性向上に効果があります。
またSFAに蓄積されたデータを活用することで、
営業活動の改善策を立案することにもつながるでしょう。

>SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA


関連コンテンツ

■ 営業とマーケティングの連携のためにSFAを導入しよう
■ SFA導入後に営業組織に活用・定着させるポイント
■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAってなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説