SFAの7つのこと

ビジネスを円滑に進めるには、具体的な状況・数字を把握することが欠かせません。
全てを個別に把握するのは不可能なので、効率的なシステムを導入することが大切です。
なかでも特に役立つのはSFAです。
これから利用を検討されている方へ7つの活用のポイントをご紹介していきます。

システムの理解

はじめてSFAを取り入れる場合は、どのようなシステムなのかをまずは理解することが不可欠です。
便利そうだからといって安易に取り入れても、適切な管理ができるようにはなりません。
SFAは営業改革を目指す企業にとって役立つシステムで、
情報分析・共有の効率化に寄与
します。

最終目標の決定

また、SFAは対個人のビジネスよりも対法人のビジネスに強いのも特徴です。
実際にSFAを利用する際は、途中のプロセスよりも最終目標を重視しなければなりません。
どのくらい売り上げを伸ばしたいのかを決めて、そのために何が必要なのかを考えます。
SFAを活用すると必要なタスクのプロセスが見えやすくなりますが、 最終的な目標が明確になっていれば、 よりスムーズに計画の目標を遂行・達成できるでしょう。

プロセスの分解

営業改革というと、どうしても売り上げ増・利益増ばかりが重視されがちです。
しかし、売り上げを高めるためには顧客との信頼関係を築くことが欠かせません。
SFAを活用し、既存の取引先との関係を深めたり、新たな顧客を獲得したりする必要があるわけです。
そのために必要なことは多数あるので、営業活動における業務のプロセスを分解し、
何から始めるべきかを考えていきます。

情報の一元管理

企業におけるプロジェクトが大きくなると、取り扱う情報も膨大になるのが普通です。
膨大な量の情報を管理するためには、しっかりと支援してくれるSFAを活用しなければなりません。
最初はバラバラの状態になっている情報をSFAによって一元管理することができると、
業務内容が標準化され情報処理のスピードが上がります。

リアルタイムの重視

ビジネスの現場では次々と様々な情報が入り、目まぐるしく変わってゆきます。
リアルタイムで起こっている情報を把握することは大切です。
SFAは営業担当と営業マネージャーとの間で営業情報をリアルタイムで共有することができます。
見込み客や現在行っている商談と進捗状況を見ることで、 商談の重要度や今どの顧客にどんな
アクションをする必要があるのかが一目でわかります。

担当者の尊重

企業において売り上げに直結する働きをしているのは現場の担当者です。
担当者の現場での判断や行動を尊重することが大切です。
そこで優れた支援システムのSFAを取り入れると、
顧客のターゲッティングから商談計画まで無理なく情報を共有・一元化できます。
一般的にシステムを活用することが目的化しがちですが、あくまでもシステムは手段に過ぎません。
最終目的を達成するために担当者が情報収集のために現場で動いていることを忘れずに
情報共有の方法や作業内容を精査することが重要です

ビジネスの変化を見逃さずに対応

しかし、SFAを利用しても、思うような成果が出ないことがあります。
いくら優れたシステムを導入したとしても、実際に使うのは会社組織なので、
使う会社が世の中の変化に対応するスキルを社員自身に身につけさせなければ意味がありません。
SFAを導入する時点で最終目標を設定するのですが、
社会の動向や取引先の状況次第で目標も変化
していきます。
目標が変わればプロセスも変わるので、臨機応変に対応することが求められます。
営業改革というのは短期間で目に見える成果が出るとは限らないため、長期的な視野を持って臨むことが大切です。
たとえば主要な顧客が変わった場合、それまでと同じ戦略は通用しません。
SFAに取り入れる情報を随時更新し、常に最適な対応がとれる環境を整えるべきです。

おわりに

企業では、業績を伸ばすために抜本的な営業改革に取り組むことがあります。
しかし、やみくもに行動していても成果は出ません。むしろ、業務の効率性を意識しなければなりません。
まずは使いやすい支援システムのSFAを導入し、改革の方向性を決めることが大切です。
これら7つのポイントに気をつけながら、顧客や情報の管理・一元化を進めていく必要があります。

>SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA


関連コンテンツ

■ SFAで案件管理しよう!
■ 情報共有が案件管理において重要なポイント!
■ エクセルはもう古い?!SFAで適切な顧客管理を行おう!
■ SFAで営業力を高めるために営業管理するべきものとは?
■ SFAはなぜ導入するべきなのか?CRMとの違いも解説
■ SFAを導入するべき企業パターンを徹底解説!
■ SFAを使った仕事の見える化について紹介します
■ 様々な事例を見てSFAを上手に使いこなそう!
■ SFAで可能なカスタマイズ機能の活用について
■ 成果に繋げるSFAの日報機能で得られるメリットとは
■ SFA活用のポイント 入力率を上げるには
■ 売上貢献につながるSFAについて
■ SFAと名刺管理の違いやメリット・デメリットについて
■ SFAとスマートフォンを連携させるメリットとは
■ SFAで生産性向上!働き方改革を実現する!
■ SFAを導入する際の選定ポイント 価格重視で選ぶ落とし穴とは?
■ SFA導入で簡単実現!パイプライン管理の5つのメリット
■ SFA導入とMAなどのマーケテイング用語の意味と関係性
■ SFAを導入して得られる効果と営業マネジメントについて徹底解説
■ SFA導入後の運用イメージ ルート営業と新規営業での活用方法
■ マネジメントとして考えておくべきSFAの導入について
■ 自社にとって必要な顧客管理システムはSFAだった?
■ 中小企業がSFAを導入する際に目的とすることは
■ 経営者目線で考えるSFA導入~メリットから活用方法まで~
■ SFAのよくある失敗理由その3つのパターン
■ 中小企業がSFA導入で成功するには!こんな失敗をしていませんか?
■ スマホ・モバイル端末でのSFA活用はこんなに便利
■ SFAが社内で浸透しない理由はこちら!改善法と合わせてご紹介!
■ その営業日報、Excel管理のままで大丈夫?
■ 【初心者の方は要チェック!】SFAについてわかりやすくご説明
■ SFA導入には目的とビジョンを!
■ SFAを導入したら次のステージへ!
■ BtoB営業の改革!SFAで「探索型データ分析」
■ 「データ1件当たり」で考えるSFAの魅力
■ これぞSFAの魅力!
■ SFAはトラブルやクレームを収集して分析できる
■ SFA初心者が導入後に注意するべきこと
■ SFAでクレーム対処が変わる!営業管理でトラブル回避
■ SFAの導入を成功に導くポイント
■ SFAの必要性を示す3つのポイント
■ SFAとMAには3つの違いがある
■ SFAでもセグメンテーションできる!
■ SFAとCRMを導入しているのに売り上げ拡大につながらない理由
■ SFA・MA・CRMそれぞれの違いと効果的な使い方
■ ビフォーアフターで見る SFA導入後の営業マンの1日
■ SFA導入時に気を付けること3つ
■ SFAかCRMかあなたに必要なのはどっち?
■ SFAを導入する前に無料トライアル利用が断然おすすめ
■ SFAとは?4つの基本機能
■ 営業マネージャー、現場、経営者それぞれの視点でSFA導入で得られるメリット
■ BtoB営業でSFA徹底活用!
■ BtoB企業でうまくSFAを活用できない理由「アカウント型」と「エリア型」
■ SFA導入時には注意!?SFAにもある不得意機能を知っておこう!
■ SFA導入後の1日の流れ
■ SFAで営業成果を最大化
■ SFA利用で営業のPDCAを効率的に回そう
■ SFAツールを新規開拓営業に活用するメリット
■ 営業とマーケティングの連携のためにSFAを導入しよう
■ SFA導入後に営業組織に活用・定着させるポイント
■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAの代表的な機能と導入で得られる成果
■ SFAとはなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説