SFAのカスタマイズ機能

SFAにはさまざまな種類があり、機能も多岐にわたります。
見た目が凝ったものやオシャレなものもありますが、社内に定着させるには、まずは誰もが使えるものでなければなりません。
そういった場合に、使い手に合わせて仕様を変更できる「カスタマイズ機能」は重要です。
SFAを運用する際の鍵となる「カスタマイズ機能」の活用について解説します。

カスタマイズの柔軟性はどうか

SFAを導入する際に、どのような機能が備わっているかは、SFA選びのポイントになってきます。
しかし、機能が多すぎるあまり不要な機能まで増えてしまい、使いづらいものになっては意味がありません。
そのため、SFAはシンプルでわかりやすく、用途などに応じてカスタマイズできるほうが望ましいと言えるでしょう。
現場にとって不要な機能なのであれば、外してしまったほうが使用時に迷うことも少なくなります。
そういった意味で、SFAの導入を検討する場合、どこまで現場に合った仕様に変更できるかという点は、重要なポイントだということを覚えておきましょう。

SFAカスタマイズ 営業への活用事例

SFAは導入時から多機能なものが多いですが、不要な機能が多すぎる場合、使う側はかえって混乱してしまうことがあります。
SFAの利用を考えているなら、それぞれの現場や業務内容に合わせてカスタマイズをしたほうがよいでしょう。
適切なカスタマイズを行うには、現場の意見を取り入れ「何が必要で、何が不要か」を確認しておくことで活用の幅が広がります。
まずは、 導入前にSFAを使う目的、解決したい問題などを明確にしましょう。
はじめから全社で導入するのではなく、小規模で導入し、試験運用を行うのも大事です。
実際に使用する中で問題点や改善点も見えてきます。
現場で使用してもらいながら「こんな機能が欲しい」「この機能は一度も使わなかった」など、実際に使用している社員に意見を出してもらい、それらを反映させながら自社の業務に合った形を作っていきましょう。

外部委託するべき?自作するべき?

SFAは自社で作ることもできます。自作ですので、当然カスタマイズ性は高いわけですが、そのためにはシステムエンジニアも必要ですし、それなりのリソースが必要です。
SFAは「一度システムを作ってしまえば、あとは使うだけ」というものではないため、必要が生じれば改善や修復も行わなければいけません。
また、社内の要望に応えられるカスタマイズを行うのも大変な労力が伴います。
それでも自作SFAを維持し続けるだけのリソースが自社にあれば問題ありませんが、それだけの余力がなければシステム自体が使い物にならなくなる可能性も。
外部委託の場合、コストはかかりますが、導入時や運用において、さまざまなサポートを受けられます。
また、カスタマイズ性に優れたSFAを選べば、業務に合ったシステムを手軽に導入することが可能です。
自作でSFAを作成したとしても、結局はそれなりのコストがかかってしまうため、安定した運用を行いたいのであれば、SFAは外部委託を選ぶとよいでしょう。

カスタマイズ性の高さを実現

カスタマイズ性の高いSFAをお探しなら『WaWaFrontier』がおすすめです。
初期費用無料で、一人あたり月額1,000円からと、低コストで導入することができ、使いやすい機能が標準装備されています。
また、企業に合わせ、独自の機能を追加できるため、カスタマイズ性も抜群です。
無駄な機能がないため、誰でも使いやすいシンプルな仕様になっています。

おわりに

SFAを導入するうえで大切なのは「現場の声を活かせるかどうか」です。
SFAを運用する際は、現場の意見を取り入れられるカスタマイズ機能をしっかりと活用していきましょう。
要望に応え、誰もが使いやすくなるようにカスタマイズすれば、SFAが社内に定着しやすくなるでしょう。
カスタマイズ機能を最大限に活用することで、業務の効率化の向上を図りましょう。

>SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA


関連コンテンツ

■ SFAを導入するべき企業パターンを徹底解説!
■ SFAを使った仕事の見える化について紹介します
■ 様々な事例を見てSFAを上手に使いこなそう!
■ 成果に繋げるSFAの日報機能で得られるメリットとは
■ SFA活用のポイント 入力率を上げるには
■ 売上貢献につながるSFAについて
■ SFAと名刺管理の違いやメリット・デメリットについて
■ SFAとスマートフォンを連携させるメリットとは
■ SFAで生産性向上!働き方改革を実現する!
■ SFAを導入する際の選定ポイント 価格重視で選ぶ落とし穴とは?
■ SFA導入で簡単実現!パイプライン管理の5つのメリット
■ SFA導入とMAなどのマーケテイング用語の意味と関係性
■ SFAを導入して得られる効果と営業マネジメントについて徹底解説
■ SFA導入後の運用イメージ ルート営業と新規営業での活用方法
■ マネジメントとして考えておくべきSFAの導入について
■ 自社にとって必要な顧客管理システムはSFAだった?
■ 中小企業がSFAを導入する際に目的とすることは
■ 経営者目線で考えるSFA導入~メリットから活用方法まで~
■ SFAのよくある失敗理由その3つのパターン
■ 中小企業がSFA導入で成功するには!こんな失敗をしていませんか?
■ スマホ・モバイル端末でのSFA活用はこんなに便利
■ SFAが社内で浸透しない理由はこちら!改善法と合わせてご紹介!
■ その営業日報、Excel管理のままで大丈夫?
■ 【初心者の方は要チェック!】SFAについてわかりやすくご説明
■ SFA導入には目的とビジョンを!
■ SFAを導入したら次のステージへ!
■ BtoB営業の改革!SFAで「探索型データ分析」
■ 「データ1件当たり」で考えるSFAの魅力
■ これぞSFAの魅力!
■ SFAはトラブルやクレームを収集して分析できる
■ SFA初心者が導入後に注意するべきこと
■ SFAでクレーム対処が変わる!営業管理でトラブル回避
■ SFAの導入を成功に導くポイント
■ SFAの必要性を示す3つのポイント
■ SFAとMAには3つの違いがある
■ SFAでもセグメンテーションできる!
■ SFAとCRMを導入しているのに売り上げ拡大につながらない理由
■ SFA・MA・CRMそれぞれの違いと効果的な使い方
■ ビフォーアフターで見る SFA導入後の営業マンの1日
■ SFA導入時に気を付けること3つ
■ SFAかCRMかあなたに必要なのはどっち?
■ SFAを導入する前に無料トライアル利用が断然おすすめ
■ SFAとは?4つの基本機能
■ 営業マネージャー、現場、経営者それぞれの視点でSFA導入で得られるメリット
■ BtoB営業でSFA徹底活用!
■ BtoB企業でうまくSFAを活用できない理由「アカウント型」と「エリア型」
■ 営業改革推進をSFAで行う上で知っておきたい7つのこと
■ SFA導入時には注意!?SFAにもある不得意機能を知っておこう!
■ SFA導入後の1日の流れ
■ SFAで営業成果を最大化
■ SFA利用で営業のPDCAを効率的に回そう
■ SFAツールを新規開拓営業に活用するメリット
■ 営業とマーケティングの連携のためにSFAを導入しよう
■ SFA導入後に営業組織に活用・定着させるポイント
■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAの代表的な機能と導入で得られる成果
■ SFAとはなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説