SFAで売上UPする方法

SFA(Sales Force Assistance)とは、
営業支援システムの略で、ITを活用して顧客情報や進捗情報を一元管理し、営業活動を支援するシステムを指します。
最近はSFAを導入して受注率を高め、売上の向上につなげようとする企業が見られるようになりました。
そこで今回は、SFAを活用して売上をアップする方法についてご紹介します。

SFAによる顧客管理の徹底

営業担当者が各自で顧客管理を行っている場合、
部門全体に顧客情報が共有されていない可能性があります。
そこで、SFAを導入して部門全体に顧客情報を共有しておくことで、
営業担当者が退職や転勤する際に、顧客情報が後任者に引き継がれていないといった事態を防ぐことができるでしょう。

なおSFAは社内のパソコンだけでなく、外出先でスマートフォンやタブレットを使用して確認することも可能です。
そのため、営業担当者が外出先で顧客状況を調べて、必要に応じてフォローを入れるなどの使い方も考えられます。

このようにSFAで顧客管理を徹底することで
、見込み顧客を増やしたり、受注率を向上させたりすることにつながります。

SFAによる営業担当者の負担軽減

営業担当者にとって大きな負担になっている作業は、社内の事務作業です。
顧客訪問の合間を縫って、膨大な事務作業への対応が求められる場合、
見込み顧客に対するフォローが不十分となり、営業活動が売上に結びつかないケースも少なくありません。

営業担当者の事務作業の負担を軽減するためには、SFAの活用が有効です。
例えば、「最後の受注から1年以上経過した顧客」のデータが必要になった場合、
従来はすべて手作業で行っていたデータの収集を、SFAを活用すればソートにより一瞬でリスト化することが可能です。
膨大な時間と手間を費やしていた顧客管理の作業をSFAで効率化することにより、
営業担当者の負担は軽減されるため、営業活動に集中して売上を伸ばすことができるでしょう。

おわりに

今回は、SFAを活用して売上をアップする方法についてご紹介しました。
SFAを導入することで、
営業担当者が各自で管理していた顧客情報を、部門全体で共有できるようになります。
また、営業活動の妨げになっていた事務作業の負担も、SFAの活用により軽減することが可能です。

SFAによる業務効率化で営業部門全体のパフォーマンスを底上げし、売上アップを実現しましょう。

>SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA


関連コンテンツ

■ 営業とマーケティングの連携のためにSFAを導入しよう
■ SFA導入後に営業組織に活用・定着させるポイント
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAとは
■ SFAってなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説