SFAの目的とビジョン

様々な課題を解決できるツールとして、SFAを用いる企業が増えてきました。
しかし、具体的に何のために使うのか分かっていなければシステムを有効活用することはできません。
この記事では、SFAを導入する目的やビジョンを明確にするための情報をお届けします。

SFAにデータを蓄積したその先は?

SFAの大きな特徴としてデータを蓄積できることが挙げられます。
そのため、営業活動を行った社員が結果を保管しておく手軽なサーバーのように扱っている企業も多いです。
上司による結果の確認がいつでもできますし、問題があれば改善の提案もできるので、決して間違った使い方ではありません。
日常的に操作することになるため、使いこなしているような感覚になることもあるでしょう。
しかし、データを蓄積するだけでは、一般的なデータベースとあまり変わらないことになるので注意が必要です。
売り上げをアップさせるには、蓄積したものをどのように活用するのかという点に目を向け、しっかりとデータを分析し生産性を高められるマネジメントを心がける必要があります。

SFAがただの入力ツール化していない?

データを分析する重要性を理解していても、実際にはあまり時間を割けなかったり、そもそも分析の仕方がよく分からなかったりする場合もあります。
そのような企業では、とりあえずデータの入力だけを行っているというケースも珍しくなく、導入したからには利用しないと損だと考えて、自分に可能で簡単な作業だけに終始してしまうのです。
SFAはインターフェースが工夫されているので、多くの社員はスムーズにデータ入力できるでしょう。 しかし、SFAにとってデータの入力はあくまでも1つのステップに過ぎません。 不可欠な作業であるのは間違いありませんが、入力自体が目的になってしまっているのは良くありません。

次のステップに着目できるように、丁寧に意識改革していくことが大切です。

営業改革の戦略をその都度考える

SFAの導入は企業にとって、売り上げを伸ばしていくための投資的なプロジェクトとなります。 そのため、一旦導入を済ませてしまうと、効率が悪いと感じても途中で投げ出すわけにはいきません。
だからといって、そのままの状態で使い続けるのも適切ではないので気を付けましょう。 どうすれば有効活用できるのか戦略を考えて改善していくことが求められます。
良い方向に修正できると生産性が拡張していくので、この行為は営業改革といっても過言ではありません。 1つの方法に固執するのではなく、状況に合わせてその都度柔軟に考えていくことがポイントになります。

その際には将来的なビジョンを掲げておくことも重要です。
そうすることでSFAを運用するロードマップも考えやすくなります。

自社の問題に沿ってSFAは導入する

SFAはとても柔軟性の高いツールであり、顧客満足度の強化や組織連携のスピードアップなど、様々な用途において支援的な役割を果たしてくれます。
そのため、企業での使われ方も多岐にわたっているのが実情です。
それぞれが抱えている問題を検討するにあたり、解決の決め手となる手段として導入されています。

従って、SFAの評判の良さを耳にしても、他社をまねて導入するのは正しい判断とはいえません。 いくら他社で成果が出ているといっても、自社と問題点が共通でなければ同様の働きは期待できないからです。

導入の前提として、まずは自社の抱えている問題がどういうものかを明らかにした上で、SFAを解決に役立てるビジョンを確立させてから導入するのが得策です。

おわりに

現代のビジネスシーンは展開が目まぐるしく、先手を打って迅速に行動していくことが大事です。 そのため、SFAに関してもスピーディに導入しようとするのは当然かもしれません。 しかし、ただ急ぐだけでは宝の持ち腐れになってしまう恐れがあります。 そのようなリスクを避けて効果を最大化するため、目的やビジョンを明確にすることを忘れないようにしましょう。

>SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA

関連コンテンツ

■ マネジメントとして考えておくべきSFAの導入について
■ 自社にとって必要な顧客管理システムはSFAだった?
■ 中小企業がSFAを導入する際に目的とすることは
■ 経営者目線で考えるSFA導入~メリットから活用方法まで~
■ SFAのよくある失敗理由その3つのパターン
■ 中小企業がSFA導入で成功するには!こんな失敗をしていませんか?
■ スマホ・モバイル端末でのSFA活用はこんなに便利
■ SFAが社内で浸透しない理由はこちら!改善法と合わせてご紹介!
■ その営業日報、Excel管理のままで大丈夫?
■ 【初心者の方は要チェック!】SFAについてわかりやすくご説明
■ SFAを導入したら次のステージへ!
■ BtoB営業の改革!SFAで「探索型データ分析」
■ 「データ1件当たり」で考えるSFAの魅力
■ これぞSFAの魅力!
■ SFAはトラブルやクレームを収集して分析できる
■ SFA初心者が導入後に注意するべきこと
■ SFAでクレーム対処が変わる!営業管理でトラブル回避
■ SFAの導入を成功に導くポイント
■ SFAの必要性を示す3つのポイント
■ SFAとMAには3つの違いがある
■ SFAでもセグメンテーションできる!
■ SFAとCRMを導入しているのに売り上げ拡大につながらない理由
■ SFA・MA・CRMそれぞれの違いと効果的な使い方
■ ビフォーアフターで見る SFA導入後の営業マンの1日
■ SFA導入時に気を付けること3つ
■ SFAかCRMかあなたに必要なのはどっち?
■ SFAを導入する前に無料トライアル利用が断然おすすめ
■ SFAとは?4つの基本機能
■ 営業マネージャー、現場、経営者それぞれの視点でSFA導入で得られるメリット
■ BtoB営業でSFA徹底活用!
■ BtoB企業でうまくSFAを活用できない理由「アカウント型」と「エリア型」
■ 営業改革推進をSFAで行う上で知っておきたい7つのこと
■ SFA導入時には注意!?SFAにもある不得意機能を知っておこう!
■ SFA導入後の1日の流れ
■ SFAで営業成果を最大化
■ SFA利用で営業のPDCAを効率的に回そう
■ SFAツールを新規開拓営業に活用するメリット
■ 営業とマーケティングの連携のためにSFAを導入しよう
■ SFA導入後に営業組織に活用・定着させるポイント
■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAの代表的な機能と導入で得られる成果
■ SFAとはなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説