売上貢献の会議

SFAを導入したにも関わらず、あまり売り上げがアップしていない企業も見受けられます。
その場合、営業支援に対する認識に問題があるのかもしれません。
この記事では、SFAを売上貢献につなげるために必要な知識を紹介します。

良くない営業支援の特徴

企業の部門間で情報を共有できていないと、顧客とやりとりするときに大きなストレスを与える可能性があります。
たとえば、問い合わせの返答に時間がかかってしまったり、クレームを受けた直後に新製品を案内して神経を逆なでしたりするケースもあるのです。
したがって、営業支援においてデータを参照できる部門に偏りがあるのはよくありません。
報告作業に多くの時間を費やすことも、好ましくない営業支援に見受けられる特徴です。
営業活動に割ける時間がそれだけ減ってしまうので、売り上げの機会を向上させたいなら情報共有の効率化に取り組む必要があります。
また、情報の蓄積だけに留まっている場合もサポートに結びついていないことが多いです。
分析して知見を得なければ、せっかくのデータを十分に活かせないでしょう。

売上貢献に作用する営業支援

売り上げに営業支援を貢献させたいなら、情報の管理の仕方を見直さなければなりません。
営業担当者とそれをサポートする人材を含む形で、データを基盤とする連携の体制を適切に構築することが求められます。
そうすることで、問い合わせへの速やかな対応が可能になるので顧客の満足度が高まりやすいです。
また、横断的に複数の部門が同じ指標や目的を掲げ、一体感を持ちながら活動していくことも重要になります。
統一的な意識は予算の検討などを迅速化させますし、顧客への継続的なアプローチを検討する材料としても役立つでしょう。
さまざまな点を効率化して、サービスを提供する時間をたくさん確保できるようになると、必然的に売り上げがアップする可能性は高まっていきます。

自社にあったSFAを選びましょう

「SFA」といっても多くの種類が存在するので、やみくもに導入しようとするのはよくありません。
大切なのは自社の課題をしっかりと認識したうえで、その解決に役立つものを選択することです。
たとえば、抱えている案件が多すぎて、把握しにくいことが課題となっているケースもあるでしょう。
その場合は、グラフや表などを用いて案件を可視化する手段を豊富に持つものが向いています。
また、現場の営業担当者も使用することを念頭に置いているなら、タブレットなどで簡単に扱えるシンプルなインターフェースが望ましいです。
長期にわたって使用していく予定であれば、SFAの導入にかかる費用だけでなく、保守も含めたトータルの料金をチェックすることも考えていかなくてはならないでしょう。

成功するSFAの秘訣とは

マネジメント層だけでなく、できるだけ多くの従業員が使用できる状況をつくることが、SFAの利用を成功させる秘訣です。
集まったデータをマネジメント層が分析することは重要ですが、そもそも現場で活用されなければデータ自体が集まりません。
業務内容や商談の進捗をはじめとして、さまざまな情報を入力することを習慣にさせましょう。
そのためには、導入しただけで安心せずに、SFAの役割や操作方法を計画的に教えていく必要があります。
管理職用のツールであると誤解させないように注意して、現場からのボトムアップを手軽に実践できるようにすることが大事です。
また、部門ごとに利用の仕方が異なると効率が落ちるので、社内で一元化した運用のルールを決めることも欠かせません。

おわりに

企業にとって、SFAはとても頼もしいものであることに間違いはありません。
しかし、あくまでもツールであることを忘れないように注意してください。
つまり、使用者や運用のスタイルによって、得られる営業支援の成果は大きく異なるということです。
まずは自社に合ったものを吟味して導入し、そのうえで成功の秘訣を踏まえて活用していきましょう。

>SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA


関連コンテンツ

■ SFA活用のポイント 入力率を上げるには
■ SFAと名刺管理の違いやメリット・デメリットについて
■ SFAとスマートフォンを連携させるメリットとは
■ SFAで生産性向上!働き方改革を実現する!
■ SFAを導入する際の選定ポイント 価格重視で選ぶ落とし穴とは?
■ SFA導入で簡単実現!パイプライン管理の5つのメリット
■ SFA導入とMAなどのマーケテイング用語の意味と関係性
■ SFAを導入して得られる効果と営業マネジメントについて徹底解説
■ SFA導入後の運用イメージ ルート営業と新規営業での活用方法
■ マネジメントとして考えておくべきSFAの導入について
■ 自社にとって必要な顧客管理システムはSFAだった?
■ 中小企業がSFAを導入する際に目的とすることは
■ 経営者目線で考えるSFA導入~メリットから活用方法まで~
■ SFAのよくある失敗理由その3つのパターン
■ 中小企業がSFA導入で成功するには!こんな失敗をしていませんか?
■ スマホ・モバイル端末でのSFA活用はこんなに便利
■ SFAが社内で浸透しない理由はこちら!改善法と合わせてご紹介!
■ その営業日報、Excel管理のままで大丈夫?
■ 【初心者の方は要チェック!】SFAについてわかりやすくご説明
■ SFA導入には目的とビジョンを!
■ SFAを導入したら次のステージへ!
■ BtoB営業の改革!SFAで「探索型データ分析」
■ 「データ1件当たり」で考えるSFAの魅力
■ これぞSFAの魅力!
■ SFAはトラブルやクレームを収集して分析できる
■ SFA初心者が導入後に注意するべきこと
■ SFAでクレーム対処が変わる!営業管理でトラブル回避
■ SFAの導入を成功に導くポイント
■ SFAの必要性を示す3つのポイント
■ SFAとMAには3つの違いがある
■ SFAでもセグメンテーションできる!
■ SFAとCRMを導入しているのに売り上げ拡大につながらない理由
■ SFA・MA・CRMそれぞれの違いと効果的な使い方
■ ビフォーアフターで見る SFA導入後の営業マンの1日
■ SFA導入時に気を付けること3つ
■ SFAかCRMかあなたに必要なのはどっち?
■ SFAを導入する前に無料トライアル利用が断然おすすめ
■ SFAとは?4つの基本機能
■ 営業マネージャー、現場、経営者それぞれの視点でSFA導入で得られるメリット
■ BtoB営業でSFA徹底活用!
■ BtoB企業でうまくSFAを活用できない理由「アカウント型」と「エリア型」
■ 営業改革推進をSFAで行う上で知っておきたい7つのこと
■ SFA導入時には注意!?SFAにもある不得意機能を知っておこう!
■ SFA導入後の1日の流れ
■ SFAで営業成果を最大化
■ SFA利用で営業のPDCAを効率的に回そう
■ SFAツールを新規開拓営業に活用するメリット
■ 営業とマーケティングの連携のためにSFAを導入しよう
■ SFA導入後に営業組織に活用・定着させるポイント
■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAの代表的な機能と導入で得られる成果
■ SFAとはなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説