データから考えるSFAの魅力

今、多くの企業でSFAに注目が集まっています。 SFAは営業支援のためのシステムであり、営業を効率よく進めることはもちろん、更なる営業成績の向上を目指すことも可能です。
そこで今回は、「データ1件当たり」をキーポイントにSFAの魅力を紹介します。

データ入力に対する膨大なコスト

企業が顧客から得た個人情報などのデータ入力は、社内のスタッフまたは業務委託先によって手動で行われるのが一般的でした。 この方法のメリットは入力ミスを2重から3重でチェックできることですが、その分手間と時間がかかってしまい膨大なコストを必要とします。

ごく僅かな数量のデータならさほど負担を感じないかもしれませんが、数千~数万件の個人データを扱う場面では人による手入力という手法は理に適っているとはいえません。

しかし、商業活動をする中で、データはとても魅力のあるものであり、データの活用が成功を左右するということができるのです。

データ管理のコストを大きく下げつつ、有益な情報を効率よく手に入れられるのが「SFA」であり、営業活動と業務を可能な限り可視化し、低コストで抜け・漏れを防ぎます。

小さな負担が押し上げる1件当たりのコスト

顧客から預かった個人情報は、厳重な管理のもとで大切に扱う必要があります。
通常業務で使用している社員のパソコン及び、サーバー・ネットワークとは隔離した別のシステムで保管することが望ましいため、その他の一般情報に比較すると、データ1件当たりの管理コストは高くなると想像できます。

しかしこの個人情報の管理に掛かる負担は必要なものだともいえます。
例えば、曖昧でいい加減な個人データの管理が原因で、情報漏洩という大きなミスが発生するとどうなるでしょうか。 これは会社の信頼を大きく失墜する事象であり、社会的・経済的な損失は免れません。

大きな財産を守るためには1件当たりのデータに掛かるコストは取るべきものともいえるでしょう。
SFAには、顧客情報の管理や外部からの不正アクセスを未然に防ぐセキュリティも備えられています。

データは稼ぎを増やす源になる

アンケートの回答のような顧客データには、個人の趣向から家族構成・職業など実に有益な情報が含まれています。
そもそもSFAサービスとはアメリカ発の営業活動システムであって、合理化主義のもと、稼ぎを増やす目的で発展してきました。

以前の日本では営業担当者の技量によって売上高が左右される不安定なシステムでしたが、データを可視化することで、営業部署全体で情報共有をして積極的にセールスを進めることができます。

また蓄積されているデータから、目的の商品を必要としているであろう方々へピンポイントでセールスすることも可能で、より効率よく販売実績を伸ばしていくことにつながるでしょう。
蓄えたデータは数が多ければ多いほど、稼ぎを増やす可能性も大きくなるのです。

「データ1件当たりのコスト」を考えてSFAを利用する

SFAサービスを利用する上で重要視したいのが、データ1件当たりのコストとサービス導入の経費のバランスが取れているのかということです。

自営業の小規模商店などでは、従業員も10名以下という零細企業も多くあります。
その場合、そもそも取り扱う顧客データが少なく、データを活用したセールスをさほど必要としません。
この場合、データ1件当たりのコストも大きくなく、SFAサービスの必要性は少ないでしょう。
反対に大企業に分類されるところは営業活動も広く、何千~何万人という膨大な個人データを蓄積しています。 その分、1件当たりのコストが非常に高いです。

ここでは積極的にSFAを取り入れて、厳重な管理のもと保有しているデータを守ることが求められます。 SFAを利用する時は、データの価値とコストをよく考えましょう。

おわりに

以上、「データ1件当たり」で考えるSFAの魅力の紹介でした。 たった1つのデータといえども、そこから多くの情報を読み解くことができる魅力あるものです。 細かく分類して可視化すれば、営業に携わるすべての方々が情報共有をして効率よく活用できます。 売上の差が個人の力量に依存しており、安定した収益を得られないという企業には打って付けのシステムです。

>SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA

関連コンテンツ

■ マネジメントとして考えておくべきSFAの導入について
■ 自社にとって必要な顧客管理システムはSFAだった?
■ 中小企業がSFAを導入する際に目的とすることは
■ 経営者目線で考えるSFA導入~メリットから活用方法まで~
■ SFAのよくある失敗理由その3つのパターン
■ 中小企業がSFA導入で成功するには!こんな失敗をしていませんか?
■ スマホ・モバイル端末でのSFA活用はこんなに便利
■ SFAが社内で浸透しない理由はこちら!改善法と合わせてご紹介!
■ その営業日報、Excel管理のままで大丈夫?
■ 【初心者の方は要チェック!】SFAについてわかりやすくご説明
■ SFA導入には目的とビジョンを!
■ SFAを導入したら次のステージへ!
■ BtoB営業の改革!SFAで「探索型データ分析」
■ これぞSFAの魅力!
■ SFAはトラブルやクレームを収集して分析できる
■ SFA初心者が導入後に注意するべきこと
■ SFAでクレーム対処が変わる!営業管理でトラブル回避
■ SFAの導入を成功に導くポイント
■ SFAの必要性を示す3つのポイント
■ SFAとMAには3つの違いがある
■ SFAでもセグメンテーションできる!
■ SFAとCRMを導入しているのに売り上げ拡大につながらない理由
■ SFA・MA・CRMそれぞれの違いと効果的な使い方
■ ビフォーアフターで見る SFA導入後の営業マンの1日
■ SFA導入時に気を付けること3つ
■ SFAかCRMかあなたに必要なのはどっち?
■ SFAを導入する前に無料トライアル利用が断然おすすめ
■ SFAとは?4つの基本機能
■ 営業マネージャー、現場、経営者それぞれの視点でSFA導入で得られるメリット
■ BtoB営業でSFA徹底活用!
■ BtoB企業でうまくSFAを活用できない理由「アカウント型」と「エリア型」
■ 営業改革推進をSFAで行う上で知っておきたい7つのこと
■ SFA導入時には注意!?SFAにもある不得意機能を知っておこう!
■ SFA導入後の1日の流れ
■ SFAで営業成果を最大化
■ SFA利用で営業のPDCAを効率的に回そう
■ SFAツールを新規開拓営業に活用するメリット
■ 営業とマーケティングの連携のためにSFAを導入しよう
■ SFA導入後に営業組織に活用・定着させるポイント
■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAの代表的な機能と導入で得られる成果
■ SFAとはなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説