SFAの導入を検討している方は多いかと思いますが、導入すれば売り上げに繋がるというわけではありません。実際に導入をすることで成功する企業もあれば、逆に結果が出ない企業もあります。

今回はSFA導入を検討している方のために、失敗しないための導入ポイントを紹介します。

営業マンの利用率を上げなければ意味がない!

SFAを導入したものの、営業マンの利用率が上がらず運用が軌道に乗らなかったという事例が多く存在します。基本的に、顧客データや営業の進歩状況などの情報を入力できなければSFAを効率的に活用することは難しくなります。

では、営業マンがあまり情報を入力しないのにはどんな理由があるのでしょう。

それは「入力作業が面倒」ということです。営業マンは日々外回りなどをして忙しい日々を過ごしています。そのような中の入力作業は、社員のストレスとなりモチベーションも下がる原因につながります。

入力作業が負担にならないためにもSFAの選び方は大切です。営業マンができる限り早く入力できる選択式を採用するなど、普段の業務の負担にならない作業かどうかを確認してから導入しましょう。

利用目的を明確にすることを忘れずに!

SFAを導入してみたものの、何のために導入したのか分からないようでは効果を感じられないのは当然です。SFAは便利なシステムですが、導入しただけで営業が効率よくなるわけではありません。

そのため、導入する時は「使えば効率が上がる」と思わずに、自社のワークスタイルに適しているかチェックすると失敗を避けられるでしょう。また、導入することで自社にとってどのような効果をもたらすのかということもチェックしておくと、失敗の確率も下げられます。

無駄な機能まで入れないこと!

SFAと言っても様々な機能があることをご存知でしょうか?企業によっては全ての機能を入れて導入するところもありますが、本当に全ての機能は必要なのかをチェックすることが失敗しないためのポイントです。

「機能は全て入れた方が使える!」と思われがちですが、実は社員からは「難しそう」「操作が面倒な感じがする」など悪い印象を持たれることもあります。導入したものの結局使われないでは意味がありません。

自社にとってSFAの中でもどんな機能が必要なのかを調べ、不要な機能は切り捨てることも考えましょう。自社に必要な機能だけに絞れば、使いやすくなりますし、コスト削減にもつながります。

SFA導入で減らせる業務を考えよう!

SFAを導入することで失敗する企業は、結果的に仕事の量が増加していることも考えられます。例えば今までなかった入力作業を社員にやってもらうとことで、通常の仕事以上に働かなければなりません。残業時間が増えるため過労に繋がります。

意味を考えず導入すれば、社員の仕事が増えてしまいます。SFAを活用することは自社のどの部分の作業が減らせるかを考えて導入することが重要です。

SFAの目的は集めた情報を有益なデータとして使うシステムだということを忘れない!

多くの人がSFA導入で失敗するポイントとしては、情報の収集をすることだと勘違いをしていることです。SFAは集めた情報を有益なデータとして使うことであり、最終的には営業活動の強化がゴールです。情報収集のためだけに導入しようと考えると有効活用できなくなります。SFAの導入の検討の際には、失敗するポイントをしっかりとチェックしておくことが大切です。

関連コンテンツ

■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAとは
■ SFAってなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説