企業の中には、業務向上のために「顧客管理システム」や「営業支援システム」の導入を検討しているところも少なくありません。その中でも営業支援システムのSFAは今人気が高くなり、企業の営業成績を上げるためには欠かせないソフトウェアとして注目を集めています。

しかし、知っておきたいのは、ただ単に導入すれば効果が現れるというものでもないということです。 SFAは導入で得られるメリットとデメリットがあるので、具体的に紹介していきます。

営業部門全体で情報資産を共有できるメリットがある!

従来の営業は、社内で全ての顧客情報を管理することはなく、基本的に各営業担当者でそれぞれの顧客情報を管理するのが一般的でした。

しかし、SFAなら全ての顧客情報を管理できるので、例えば顧客情報を検索すれば知りたい情報を全て把握できます。

また、万が一営業担当が変わった場合ですが、以前までの担当者から次の担当者に引き継ぐ作業は何かと面倒です。しかし、SFAがあればデータを見れば済むので、業務効率化へと繋がります。

最適なタイミングで営業活動ができるメリットも!

営業管理システムと言うと顧客情報を管理するだけと思われがちですが、実は営業活動も記録することが可能です。記録しておけば、最適なタイミングがわかるので、営業活動を漏れなく行えます。常に最適なタイミングで営業活動を行えるのは、顧客との絆も深められる可能性があるので魅力的でしょう。

SFAを使えば営業日報の簡略化に繋がる!

営業マンの仕事の中でも最もやりたくない仕事として挙げられるのが営業日報の記入です。毎日遅くまで営業活動をしているにもかかわらず、会社に戻っても日報作業が待っていると思うと憂鬱に感じる方も多いようです。

営業日報の記入でストレスを感じる営業マンは多いですが、SFAなら営業日報を簡略化する機能があるので、ストレスレスで日報を記入できます。

万が一営業活動につまずいても立て直せる可能性が!

SFAは全ての顧客の記録が可能です。また、営業日報も全て記録できるため、どこでつまずいているかなども把握できます。万が一営業活動が上手く言っていなくても、データを見て改善策を考えることができますし、逆に今の状態からもっと効率よく営業活動ができる方法はないかと作戦を練ることも可能です。

業務を立て直せる可能性や、さらなる実績向上にも繋げられるので魅力的です。

SFAを導入することで複雑に感じる場合があるかも

SFAを導入するメリットは非常に多いですが、デメリットも存在します。その中でも最も意見が多いのがシステム使用時に複雑さを感じることです。

もちろんどこのSFAを導入するかによっても変わりますが、中には使いこなすまでに時間がかかるものもあります。少しでも難しいと感じたら会社でうまく活用されない可能性があるので、どんなSFAを導入するかは事前にしっかりと吟味する必要があります。

複雑化を感じさせないためには、自社に必要な機能を必要なかたちで対応する業者を探すのがベストです。

導入前は無料体験

SFAなどの営業支援システムを導入前は必ず無料体験をしてから検討するのがおすすめです。新しいシステムの導入は現場と管理者では見る視点が異なるため、比較検討が重要となります。システム導入費については、初期費用が無料で毎月の料金を抑えたサービスもありますから、あなた企業規模に合わせてシステムを選んでください。

関連コンテンツ

■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAとは
■ SFAってなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説