顧客の獲得・顧客の管理は企業を運営していく上で必要なことです。もし顧客がいなければ、企業が提供するサービスや商品を購入してもらえないため、利益を獲得することができません。

また、顧客を獲得するためには、素晴らしい製品やサービスを開発することも重要ですが、その商品やサービスが認知されていなければ購入には至りません。そのため、商品やサービスを紹介する営業という仕事は、企業を支える上でとても重要です。

現在ではその営業をサポートするためにSFAアプリケーションという営業支援ツールが広く普及しています。営業を支援する目的で作られたシステムですが、営業支援ツールならではの顧客管理も行えることをご存知ですか。

今回はSFAアプリケーションやSFA顧客管理について紹介するので、興味のある方はこの機会にチェックして下さい。

SFAアプリケーションについて

SFAとはSales Force Automationの略で、営業担当者に対して、営業状況などの情報を共有し、バックアップするシステムのことです。現在では日本で広く使用されているシステムではありますが、普及した当初は利用者が急速に増えることはありませんでした。

欧米では1993年に、現在ではアメリカのOracleに買収されたシーベルシステムズがSFAアプリケーションを開発し、リリースしたことで、アメリカに爆発的に普及しました。一方で、日本では当時、インターネットの普及が米国に比べて遅れていたことや、勘や経験、根性といった昔の日本の営業文化が影響し、アメリカほど普及が進みませんでした。

面倒だった日報の入力作業が簡単にできる!

営業活動で欠かせない作業と言えば日報の入力です。主にその日に行った営業について後々内容を見返すこともできるので重要な仕事です。

営業報告は上司にする企業が多いですが、直接提出しても返却が遅いなどコミュニケーションがとりづらいと感じる方も多いでしょう。
SFAアプリケーションなら、上司に直接営業報告書を渡す必要はありません。SFAアプリケーションなら、1日の営業活動がクラウド上に一覧で表示されるので、上司もパソコンで直接確認できます。また、上司は直接コメントを入力できるので、リアルタイムで返信できます。

SNSのような形で同僚にアドバイスができる!

SFAアプリケーションは営業活動内容に対してSNSのようにコメントを閲覧・入力ができます。コメント機能は今まで書面で営業報告書を記入していた人にとっては考えられないかもしれません。

例えば、先輩に意見を聞きたいという方や、後輩に教えてあげたいと思っている方たちは多いはずです。こういった時にSFAのコメント機能は有効活用できます。

案件の滞納にも気づける!

SFAアプリケーションには「フィルタリング機能」も付いています。

様々な企業で少なからず放置案件は存在します。資料が溢れてしまうことで見過ごしてしまいがちなそのような案件は、チャンスを逃してしまったことに後から気が付くという方もいるのではないでしょうか。

こういった溜まりがちな放置案件ですが、フィルタリング機能でSFAアプリケーションならではの顧客管理が可能です。
どの顧客にどの案件が必要とされるのか判断がしやすく、放置案件を減らし顧客管理をするためにも役立ちます。せっかくの営業チャンスを逃さないためにはSFAアプリケーションのフィルタリング機能の使用が便利です。

また、フィルタリング機能のお知らせ機能も便利です。予め忘れてはいけない情報をセットすることができます。

営業成果に結びつく

営業活動の様々な場面で活躍できるSFAアプリケーションは、SFAアプリケーションならではの顧客管理などにより、忙しい営業担当者の仕事効率化を図ることができます。結果的に企業にもよい結果をもたらすので検討してみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

■ SFAで案件管理しよう!
■ 情報共有が案件管理において重要なポイント!
■ エクセルはもう古い?!SFAで適切な顧客管理を行おう!
■ SFAで営業力を高めるために営業管理するべきものとは?
■ SFAはなぜ導入するべきなのか?CRMとの違いも解説
■ SFAを導入するべき企業パターンを徹底解説!
■ SFAを使った仕事の見える化について紹介します
■ 様々な事例を見てSFAを上手に使いこなそう!
■ SFAで可能なカスタマイズ機能の活用について
■ 成果に繋げるSFAの日報機能で得られるメリットとは
■ SFA活用のポイント 入力率を上げるには
■ 売上貢献につながるSFAについて
■ SFAと名刺管理の違いやメリット・デメリットについて
■ SFAとスマートフォンを連携させるメリットとは
■ SFAで生産性向上!働き方改革を実現する!
■ SFAを導入する際の選定ポイント 価格重視で選ぶ落とし穴とは?
■ SFA導入で簡単実現!パイプライン管理の5つのメリット
■ SFA導入とMAなどのマーケテイング用語の意味と関係性
■ SFAを導入して得られる効果と営業マネジメントについて徹底解説
■ SFA導入後の運用イメージ ルート営業と新規営業での活用方法
■ マネジメントとして考えておくべきSFAの導入について
■ 自社にとって必要な顧客管理システムはSFAだった?
■ 中小企業がSFAを導入する際に目的とすることは
■ 経営者目線で考えるSFA導入~メリットから活用方法まで~
■ SFAのよくある失敗理由その3つのパターン
■ 中小企業がSFA導入で成功するには!こんな失敗をしていませんか?
■ スマホ・モバイル端末でのSFA活用はこんなに便利
■ SFAが社内で浸透しない理由はこちら!改善法と合わせてご紹介!
■ その営業日報、Excel管理のままで大丈夫?
■ 【初心者の方は要チェック!】SFAについてわかりやすくご説明
■ SFA導入には目的とビジョンを!
■ SFAを導入したら次のステージへ!
■ BtoB営業の改革!SFAで「探索型データ分析」
■ 「データ1件当たり」で考えるSFAの魅力
■ これぞSFAの魅力!
■ SFAはトラブルやクレームを収集して分析できる
■ SFA初心者が導入後に注意するべきこと
■ SFAでクレーム対処が変わる!営業管理でトラブル回避
■ SFAの導入を成功に導くポイント
■ SFAの必要性を示す3つのポイント
■ SFAとMAには3つの違いがある
■ SFAでもセグメンテーションできる!
■ SFAとCRMを導入しているのに売り上げ拡大につながらない理由
■ SFA・MA・CRMそれぞれの違いと効果的な使い方
■ ビフォーアフターで見る SFA導入後の営業マンの1日
■ SFA導入時に気を付けること3つ
■ SFAかCRMかあなたに必要なのはどっち?
■ SFAを導入する前に無料トライアル利用が断然おすすめ
■ SFAとは?4つの基本機能
■ 営業マネージャー、現場、経営者それぞれの視点でSFA導入で得られるメリット
■ BtoB営業でSFA徹底活用!
■ BtoB企業でうまくSFAを活用できない理由「アカウント型」と「エリア型」
■ 営業改革推進をSFAで行う上で知っておきたい7つのこと
■ SFA導入時には注意!?SFAにもある不得意機能を知っておこう!
■ SFA導入後の1日の流れ
■ SFAで営業成果を最大化
■ SFA利用で営業のPDCAを効率的に回そう
■ SFAツールを新規開拓営業に活用するメリット
■ 営業とマーケティングの連携のためにSFAを導入しよう
■ SFA導入後に営業組織に活用・定着させるポイント
■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAの代表的な機能と導入で得られる成果
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説