顧客の獲得は企業を運営していく上で必要なことです。もし顧客がいなければ、企業が提供するサービスや商品を購入してもらえないため、利益を獲得することができません。

また、顧客を獲得するためには、素晴らしい製品やサービスを開発することも重要ですが、その商品やサービスが認知されていなければ購入には至りません。そのため、商品やサービスを紹介する営業という仕事は、企業を支える上でとても重要です。

現在ではその営業をサポートするためにSFAという営業支援ツールが広く普及しています。営業を支援する目的で作られたシステムですが、営業支援ツールならではの顧客管理も行えることをご存知ですか。

今回はSFAやSFA顧客管理について紹介するので、興味のある方はこの機会にチェックして下さい。

SFAについて

SFAとはSales Force Automationの略で、営業担当者に対して、営業状況などの情報を共有し、バックアップするシステムのことです。現在では日本で広く使用されているシステムではありますが、普及した当初は利用者が急速に増えることはありませんでした。

欧米では1993年に、現在ではアメリカのOracleに買収されたシーベルシステムズがSFAアプリケーションを開発し、リリースしたことで、アメリカに爆発的に普及しました。一方で、日本では当時、インターネットの普及が米国に比べて遅れていたことや、勘や経験、根性といった昔の日本の営業文化が影響し、アメリカほど普及が進みませんでした。

面倒だった日報の入力作業が簡単にできる!

営業活動で欠かせない作業と言えば日報の入力です。主にその日に行った営業について後々内容を見返すこともできるので重要な仕事です。

営業報告は上司にする企業が多いですが、直接提出しても返却が遅いなどコミュニケーションがとりづらいと感じる方も多いでしょう。
SFAなら、上司に直接営業報告書を渡す必要はありません。SFAなら、1日の営業活動がクラウド上に一覧で表示されるので、上司もパソコンで直接確認できます。また、上司は直接コメントを入力できるので、リアルタイムで返信できます。

SNSのような形で同僚にアドバイスができる!

SFAは営業活動内容に対してSNSのようにコメントを閲覧・入力ができます。コメント機能は今まで書面で営業報告書を記入していた人にとっては考えられないかもしれません。

例えば、先輩に意見を聞きたいという方や、後輩に教えてあげたいと思っている方たちは多いはずです。こういった時にSFAのコメント機能は有効活用できます。

案件の滞納にも気づける!

SFAには「フィルタリング機能」も付いています。

様々な企業で少なからず放置案件は存在します。資料が溢れてしまうことで見過ごしてしまいがちなそのような案件は、チャンスを逃してしまったことに後から気が付くという方もいるのではないでしょうか。

こういった溜まりがちな放置案件ですが、フィルタリング機能でSFAならではの顧客管理が可能です。
どの顧客にどの案件が必要とされるのか判断がしやすく、放置案件を減らすためにも役立ちます。せっかくの営業チャンスを逃さないためにはSFAのフィルタリング機能の使用が便利です。

また、フィルタリング機能のお知らせ機能も便利です。予め忘れてはいけない情報をセットすることができます。

営業成果に結びつく

営業活動の様々な場面で活躍できるSFAは、SFAならではの顧客管理などにより、忙しい営業担当者の仕事効率化を図ることができます。結果的に企業にもよい結果をもたらすので検討してみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAとは
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説