SFAを導入することで様々な課題を解決できます。主にビジネスシーンでは、営業の手助けをするアイテムと言われています。では、具体的に説明すると導入することでどのような課題を解決できるのでしょうか?

これから導入を考えている人のためにも、今回SFA導入で解決できる課題について紹介します。

そもそもSFAとは何か?

SFAは英語の「Sales Force Automation」の略語で、日本では営業支援システムと呼ばれています。このシステムは、その名の通り、導入することで主に企業の営業活動を支援してくれます。

従来の場合は、会議や社内メールで情報を共有するのが当たり前でしたが、SFAは営業活動に必要な全ての情報をアプリケーションで管理できます。全ての人に情報共有をスムーズに行えることは営業活動の効率アップにつながるため魅力的です。

また、営業活動の効率がアップすることで、取引先の増加や売り上げアップにつながる可能性があります。効率化を目指したいなら導入を検討してみるといいでしょう。

SFAを活用すれば情報資産を有効活用できる!

人脈、情報、営業事例などは企業にとって大切な資産です。基本的にこれらの資産がなければ企業は成り立ちません。しかし、実際にはその資産を全て活かしきれていないという企業は多いでしょう。特に個別に情報を管理する企業では、全員に共有できないため、情報資産を活かすことはできません。

しかし、SFAを活用すれば、顧客の訪問記録や商談の情報などを全て記録でき、社内で共有が可能です。情報資産を存分に活用できることは企業にとっては非常に魅力的です。

営業プロセスの改善が可能!

営業がうまくいかないとき、営業活動の改善を検討は必須です。しかし、改善を検討しようとしても、通常の営業プロセスをどのようにしているのか把握ができないと改善することさえできません。

SFAは日々の営業情報を全てまとめることができます。さらに、詳細なプロセスはクラウド上に保存され、記録された情報をチームで共有することが可能です。そのため、営業活動の改善がしやすくなり、細かな情報で改善の際に的確な指示を出すことができます。つまり営業活動を改善する時に活躍するアプリケーションなのです。

今後の戦略や営業の改善に繋がる情報が手に入る!

SFAは情報を共有するだけのアプリケーションと思われがちですが、実は今後の戦略を練る時や営業の改善をするための分析に役立ってくれます。

具体的にいうと、SFAは営業成績のグラフや表組みのデータを可視化できます。改善点がある場合にはとても見やすく、どこをどう変えれば改善できるかが見えることは非常に魅力的です。

注意! SFAを導入すればいいというわけではない!

企業の営業活動を支援するには欠かせないSFAですが、ただ導入するだけでは意味のないアプリケーションになる可能性もあります。失敗しないためにも選び方は重視しましょう。

まず重要なのが使いやすいさです。初心者に使いづらいSFAでは仕事量が増えてしまうだけです。機能を重視する人もいますが、そもそも使いこなせないと意味がありません。

SFAは営業課題を解決

営業品質を統一化するためには、営業部内で知識や経験、顧客情報の共有は不可欠です。SFAはこれらを可視化することで営業品質をさらに向上するのに役立ちます。競合に負けない企業体制を作るためにも一度検討することをおすすめします。

関連コンテンツ

■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAとは
■ SFAってなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説