SFAの基本機能を知る

SFAは「SalesForceAutomation」の略語であり、業務や案件の管理を通じて営業活動の強化・支援を担うシステムです。
従来マンパワーに頼りがちなプロセスを共有・標準化することで、企業の営業力の底上げが可能となります。
ここでは営業支援システムであるSFAの、4つの基本性能を解説します。

リアルタイムで営業の情報管理ができる機能

日報のマネジメントはもちろん、案件の動向を日・週ごとや月ごとに管理することで業務の可視化につながります。
レポート機能を用いれば動きのあった商談や案件、商談がなかった顧客のデータ内容を期間ごとに洗い出すことができ、しかもリアルタイムで共有できます。
これまでエクセルなど専用ソフトでしか管理できなかった受注金額の想定値なども、必要なタイミングで素早く取り出すことが可能です。
月末や年度末には売上や予算達成率の問題がしばしば発生しますが、それに対しても事前に手を打つことができるなど不測の事態にも対処しやすくなります。
また売上状況に応じて人員配置の方針を早急に打ち立てられることや、レポートを上手くカスタマイズして新規顧客の獲得施策を考案しやすくなる点もメリットです。

商談内容、進捗状況やフローを管理してくれる機能

SFAは商談内容や進捗状況、フローの管理および共有も可能です。
担当者が移動時間などに業務内容や日報を入力することで部署内への共有の簡便化が期待できます。
さらに、個々の案件の進捗状況や提案している商品など各種データにも自動的に反映されることで、効率も上がるでしょう。
また他の部署と共有するツールとして、社内SNSや掲示板といった機能も有用です。
顧客データはもちろん最新の製品ニュースや、外出先で得た競合他社の製品情報などを拡散することで部署全体の
業務がよりスムーズになります。
商談日報登録を活用することで商談の進捗をチーム内で共有したり、マネージャーが担当者に改善点をフィードバックできたりと業務のスピードアップも期待できます。
訪問回数や提案した商材の本数、案件化率などが数値化されるため、結果を通じて担当者の成長に繋げることも可能です。

外出先の営業活動をアシストしてくれる機能

クラウドに対応しているSFAを用いれば、外出先の業務を強力にサポートしてくれます。
顧客のデータやスケジューラー、資料ファイルなどにアクセスできるため出向先で突然遭遇した営業チャンスも逃しません
さらにタブレットなどモバイル端末にも連携するよう設定している場合、クライアントのデータを表示してメール送信や電話でアポイントを取るといった作業が外出先でも容易となります。
見積作成の申請や承認に関してもSFAで行えます。事務作業のために帰社する手間が省け、時間短縮できるでしょう。
書類のテンプレートファイルを登録しておくことで、不備を削減することも可能です。
他にも地図とクライアントのデータをリンクさせる機能を用いて、近隣エリアの事務所などを効率的に訪問するといった活用法もあります。

営業情報を資産として活用する機能

担当者の現場業務のサポートや部署内での共有といった基本機能の他に、SFAには担当者一人一人が得た
営業情報を部署全体の資産として 活用する機能も有ります。
担当者の行動や商談の内容を透明化することにより、部署内の人員のスキルアップや標準化に貢献してくれます。
活動日報や商談日報など基本データを併用することによって、新人の育成にも活用することが可能です。
名刺や担当客データをSFA内にて一元管理できるため、メンバーの異動や退職に対応しやくなるのも大きなメリットです。
名刺など担当客の情報が1人の担当者に集中する状況を緩和することで、退職後の引き継ぎ不足によるトラブルを未然に防ぐことができます。
相手先の住所や電話番号の変更といった基本情報から、担当者の所感やポイントを余すことなく登録して資産をより成長させることも可能です。

おわりに

日々の業務のサポートや社内へのデータ共有から、担当者のスキルアップなどSFAはさまざまな機能を有しています。モバイル端末およびクラウドに対応しているSFAを導入することで、現場での担当者の業務効率を向上させ、より一層の業績アップを図ることも可能です。自社が抱えている課題や問題点を洗い出した上で、マッチングする機能を有したSFAシステムを選択することが重要です。

>SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA


関連コンテンツ

■ SFAで案件管理しよう!
■ 情報共有が案件管理において重要なポイント!
■ エクセルはもう古い?!SFAで適切な顧客管理を行おう!
■ SFAで営業力を高めるために営業管理するべきものとは?
■ SFAはなぜ導入するべきなのか?CRMとの違いも解説
■ SFAを導入するべき企業パターンを徹底解説!
■ SFAを使った仕事の見える化について紹介します
■ 様々な事例を見てSFAを上手に使いこなそう!
■ SFAで可能なカスタマイズ機能の活用について
■ 成果に繋げるSFAの日報機能で得られるメリットとは
■ SFA活用のポイント 入力率を上げるには
■ 売上貢献につながるSFAについて
■ SFAと名刺管理の違いやメリット・デメリットについて
■ SFAとスマートフォンを連携させるメリットとは
■ SFAで生産性向上!働き方改革を実現する!
■ SFAを導入する際の選定ポイント 価格重視で選ぶ落とし穴とは?
■ SFA導入で簡単実現!パイプライン管理の5つのメリット
■ SFA導入とMAなどのマーケテイング用語の意味と関係性
■ SFAを導入して得られる効果と営業マネジメントについて徹底解説
■ SFA導入後の運用イメージ ルート営業と新規営業での活用方法
■ マネジメントとして考えておくべきSFAの導入について
■ 自社にとって必要な顧客管理システムはSFAだった?
■ 中小企業がSFAを導入する際に目的とすることは
■ 経営者目線で考えるSFA導入~メリットから活用方法まで~
■ SFAのよくある失敗理由その3つのパターン
■ 中小企業がSFA導入で成功するには!こんな失敗をしていませんか?
■ スマホ・モバイル端末でのSFA活用はこんなに便利
■ SFAが社内で浸透しない理由はこちら!改善法と合わせてご紹介!
■ その営業日報、Excel管理のままで大丈夫?
■ 【初心者の方は要チェック!】SFAについてわかりやすくご説明
■ SFA導入には目的とビジョンを!
■ SFAを導入したら次のステージへ!
■ BtoB営業の改革!SFAで「探索型データ分析」
■ 「データ1件当たり」で考えるSFAの魅力
■ これぞSFAの魅力!
■ SFAはトラブルやクレームを収集して分析できる
■ SFA初心者が導入後に注意するべきこと
■ SFAでクレーム対処が変わる!営業管理でトラブル回避
■ SFAの導入を成功に導くポイント
■ SFAの必要性を示す3つのポイント
■ SFAとMAには3つの違いがある
■ SFAでもセグメンテーションできる!
■ SFAとCRMを導入しているのに売り上げ拡大につながらない理由
■ SFA・MA・CRMそれぞれの違いと効果的な使い方
■ ビフォーアフターで見る SFA導入後の営業マンの1日
■ SFA導入時に気を付けること3つ
■ SFAかCRMかあなたに必要なのはどっち?
■ SFAを導入する前に無料トライアル利用が断然おすすめ
■ 営業マネージャー、現場、経営者それぞれの視点でSFA導入で得られるメリット
■ BtoB営業でSFA徹底活用!
■ BtoB企業でうまくSFAを活用できない理由「アカウント型」と「エリア型」
■ 営業改革推進をSFAで行う上で知っておきたい7つのこと
■ SFA導入時には注意!?SFAにもある不得意機能を知っておこう!
■ SFA導入後の1日の流れ
■ SFAで営業成果を最大化
■ SFA利用で営業のPDCAを効率的に回そう
■ SFAツールを新規開拓営業に活用するメリット
■ 営業とマーケティングの連携のためにSFAを導入しよう
■ SFA導入後に営業組織に活用・定着させるポイント
■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAの代表的な機能と導入で得られる成果
■ SFAとはなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説