SFAの必要性

SFAは業務の効率化を実現できる革新的なツールです。
しかし魅力を感じていても、本当に自社に必要かどうかを判断できないというケースもあるでしょう。
この記事では、SFAの必要性を判断したい人の参考になるポイントを三つ紹介します。

ポイント1:案件の管理が疎かになり営業のバックアップが十分でない

いくつもの案件を抱えていると、十分に管理しきれないものが出てきます。
顧客との交渉や新規開拓に注力するのが営業マンの望ましいスタンスですが、各案件をしっかり把握できていないと、理想的なスタンスで職務に臨めません。
営業後、帰社してから顧客管理の業務に追われてしまうと、大きく時間を浪費することになります。
そのような事態を避けたいなら、ほかの社員によるバックアップを受けられるのが理想的ですが、
実際にはできていないケースが多いです。
この課題はSFAを導入することによって改善を期待できます。
SFAには交渉の内容や活動の履歴を残せる管理機能があるからです。
出先から進捗を報告するのも容易であり、それを受けた人がリアルタイムでバックアップの手配も行えます。

ポイント2:成果が上がる営業マンと成果が出ない営業マンがいる

年功序列から成果主義に業務評価が変わっていくなかで、営業マンの能力の差が目立ちやすくなりました。
多くの企業では、一部の優秀な人が成果を上げており、残りの人の成果はそれほど伸びているとはいえません。
そこで経営者が考えるようになったのは、成果を上げている社員をモデルにして、
ほかの社員のお手本とすることです。
しかし、優秀な社員をモデル化するのには、大きな課題があります。
そのノウハウや特徴を正確に把握しなければならないことです。
SFAを活用すると、どういったアプローチで成績を上げているのかシステム上に保存されていきます。
データを全員に開放することで、チームメンバー各自の水準を向上することが可能となります。
同じチーム内でも個人個人での成果にばらつきが見られる会社の場合、
SFAの必要性は高いと判断してよい
でしょう。

ポイント3:引き継ぎ作業がタイムロスかつ漏れが発生する

営業の仕事はアナログ的な要素が多く、顧客に対する知見は担当者しか持っていないというケースが見受けられます。
そのような場合、担当者の変更時に多大な引き継ぎ作業が必要になるのを避けられません。
無論、タイムロスが生じるのは常時のことで、よほど注意深く行わないと連絡漏れも発生してしまいます。
引き継ぎが繰り返されるにつれ、内容は複雑になっていくので時間・情報管理不備のリスクも高まりやすいです。
管理不備からミスにつながり、最悪の場合契約解除となってしまうこともありえます。
SFAを使用すれば、知見を担当者の頭のなかだけでなく、しっかりデータとして残していけます。
すなわち、引き継ぎ作業のタイムロスを最小限に抑えられますし、
漏れなどのヒューマンエラーも防げる
のです。

SFAの導入は現場の理解を得ることが大切

SFAによって多くの問題を解決できる可能性があります。
ただし、導入したからといって必ずしもすぐに効果を得られるとは限りません。
成功につなげるには、現場の従業員に十分な理解を促すことが大切になります。
導入した後に放置していると、従業員のほとんどは興味を示さずに、これまでの方法で仕事をしようとします。
だからといって、使うように強制するだけだと、操作によるストレスが状況を悪化させるかもしれません。
したがって、一人ひとりに浸透するまでは手厚くフォローすることを心がけましょう。
SFAの必要性を丁寧に説明して、目的を持って運用できるようにすることが重要です。
メリットの大きさが分かれば、活用しようとするモチベーションが高まります。

おわりに

SFAを導入する際には本当に自社にとってSFAを導入する必要があるのかを事前にしっかりと考え、社内での意思統一を行うようにしましょう。
SFAの機能は業務管理・改善にとても役に立つものばかりです。
ですが、そのメリットについて事前に理解していなければ、せっかくの素晴らしい機能を十分に生かせなくなってしまいます。
導入にあたって、本記事の内容をもとに社内の意思統一を図って頂けると幸いです。

>SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA


関連コンテンツ

■ SFAで案件管理しよう!
■ 情報共有が案件管理において重要なポイント!
■ エクセルはもう古い?!SFAで適切な顧客管理を行おう!
■ SFAで営業力を高めるために営業管理するべきものとは?
■ SFAはなぜ導入するべきなのか?CRMとの違いも解説
■ SFAを導入するべき企業パターンを徹底解説!
■ SFAを使った仕事の見える化について紹介します
■ 様々な事例を見てSFAを上手に使いこなそう!
■ SFAで可能なカスタマイズ機能の活用について
■ 成果に繋げるSFAの日報機能で得られるメリットとは
■ SFA活用のポイント 入力率を上げるには
■ 売上貢献につながるSFAについて
■ SFAと名刺管理の違いやメリット・デメリットについて
■ SFAとスマートフォンを連携させるメリットとは
■ SFAで生産性向上!働き方改革を実現する!
■ SFAを導入する際の選定ポイント 価格重視で選ぶ落とし穴とは?
■ SFA導入で簡単実現!パイプライン管理の5つのメリット
■ SFA導入とMAなどのマーケテイング用語の意味と関係性
■ SFAを導入して得られる効果と営業マネジメントについて徹底解説
■ SFA導入後の運用イメージ ルート営業と新規営業での活用方法
■ マネジメントとして考えておくべきSFAの導入について
■ 自社にとって必要な顧客管理システムはSFAだった?
■ 中小企業がSFAを導入する際に目的とすることは
■ 経営者目線で考えるSFA導入~メリットから活用方法まで~
■ SFAのよくある失敗理由その3つのパターン
■ 中小企業がSFA導入で成功するには!こんな失敗をしていませんか?
■ スマホ・モバイル端末でのSFA活用はこんなに便利
■ SFAが社内で浸透しない理由はこちら!改善法と合わせてご紹介!
■ その営業日報、Excel管理のままで大丈夫?
■ 【初心者の方は要チェック!】SFAについてわかりやすくご説明
■ SFA導入には目的とビジョンを!
■ SFAを導入したら次のステージへ!
■ BtoB営業の改革!SFAで「探索型データ分析」
■ 「データ1件当たり」で考えるSFAの魅力
■ これぞSFAの魅力!
■ SFAはトラブルやクレームを収集して分析できる
■ SFA初心者が導入後に注意するべきこと
■ SFAでクレーム対処が変わる!営業管理でトラブル回避
■ SFAの導入を成功に導くポイント
■ SFAとMAには3つの違いがある
■ SFAでもセグメンテーションできる!
■ SFAとCRMを導入しているのに売り上げ拡大につながらない理由
■ SFA・MA・CRMそれぞれの違いと効果的な使い方
■ ビフォーアフターで見る SFA導入後の営業マンの1日
■ SFA導入時に気を付けること3つ
■ SFAかCRMかあなたに必要なのはどっち?
■ SFAを導入する前に無料トライアル利用が断然おすすめ
■ SFAとは?4つの基本機能
■ 営業マネージャー、現場、経営者それぞれの視点でSFA導入で得られるメリット
■ BtoB営業でSFA徹底活用!
■ BtoB企業でうまくSFAを活用できない理由「アカウント型」と「エリア型」
■ 営業改革推進をSFAで行う上で知っておきたい7つのこと
■ SFA導入時には注意!?SFAにもある不得意機能を知っておこう!
■ SFA導入後の1日の流れ
■ SFAで営業成果を最大化
■ SFA利用で営業のPDCAを効率的に回そう
■ SFAツールを新規開拓営業に活用するメリット
■ 営業とマーケティングの連携のためにSFAを導入しよう
■ SFA導入後に営業組織に活用・定着させるポイント
■ SFAで売上UPする方法
■ SFAの失敗しない選び方について
■ SFAの代表的な機能と導入で得られる成果
■ SFAとはなに?SFA顧客管理でできることとは?
■ SFA導入のメリットとデメリットを教えます
■ SFAを導入することで様々な課題を解決できる!
■ 失敗しないSFA導入のポイントを全て教えます!
■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説