マルチクラウド(複数システムの併用)の課題を解決!



WaWaOffice

顧客ニーズの多様化が進む中、多くのクラウド事業者が独自のプランを打ち出したサービスをリリースするようになりました。

そのため、複数のクラウドサービスを併用し業務に適した形で自由に組み合わせながら運用していく、マルチクラウドが現在注目を集めています。

マルチクラウド運用を行うメリット

最大のメリットは、自社の業務に適したサービスの「いいとこ取り」ができることです。

クラウド事業者を選択する際、全ての自社の要望にマッチするサービスがないといった事はよくあります。
そういった場合には、ある課題解決にはAサービスを、別の課題解決にはBサービスをといったように最適なクラウドサービスを複数併用するマルチクラウドを活用することで解決できます。

マルチクラウドによるデメリット

当然ですが、複数システムを併用するという事は管理の負担が増加します。

利用者にとっては、クラウドサービスごとに運用方法やログイン情報が異なると困惑してしまいう場合もあるでしょう。
また、管理者はアクセス権限の管理も厳密に行わなければなりません。
そのため、管理者はどのクラウドサービスをどの組織・どの業務で利用するかを整理しておく必要があります。

複数のクラウドサービスをシームレスに(継ぎ目を意識することなく)利用できることが重要です。

ポータルとして活用できるWaWaOffice

WaWaofficeはグループウェアを中心に、SFA、ワークフロー、データベース、WEB社内報などのサービスを提供しています。
お客様の利用形態にあわせて必要なサービスを選択し、シームレスに連携させて利用することが可能です。

また、他社サービスへのシングルサインオン機能なども標準機能として提供しており、1つのサービスであるかのようにWaWaOfficeを業務ソリューションのポータルとして活用いただけます。


WaWaOffice


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。