【初心者必見】いまさら聞けないグループウェア 基本知識と導入メリット解説



WaWaOffice

中小企業まで幅広く導入が進んでいるグループウェアですが、「聞いてはいるけどよく知らない」といったグループウェア初心者の方向けに、基本知識と導入メリットについて解説します。

グループウェアとは、社内情報の共有・コミュニケーション向上・業務を効率化するためのツールです。

グループウェアには自社サーバーで管理するオンプレミス型と、インターネット回線を利用して活用するクラウド型があります。

オンプレミス型はサーバーの設置や運用維持にもに大きなコストがかかります。
高いセキュリティ基準が必要で自社で高い技術力のある開発要員を確保できる大企業で利用されています。
クラウド型はインターネット回線を利用するため、社外からでも利用が可能です。
初期費用を抑えて低コストで気軽に導入できるため、最近では多くの中小企業でも活用されています。

コストと手間をあまりかけずにグループウェアを導入したいと考えている企業には
クラウド型のグループウェアがお勧めです。

グループウェアの主な機能

グループウェアの主な機能には以下のものがあります。

 ・メール
 ・スケジュール管理
 ・掲示板
 ・回覧板
 ・TODO管理(タスク管理)
 ・施設予約
 ・行先案内版
 ・伝言メモ
 ・ファイル共有

今まで意外と時間をとられていた「確認作業」「電話連絡」「社内対応」などはグループウェアを活用することで情報共有が可能になります。

たとえば、グループウェアでスケジュール登録や施設予約を行うことで、アポイントメントや会議の予定を当事者に確認することなく調整できるようになります。

また電話を受けた伝言も、グループウェアの伝言メモに登録するだけで、外出中の担当者に通知が届きスマートフォンやタブレットで確認可能です。
素早く対応できるので、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

他にも掲示板機能を活用して、社長のメッセージなどを全社に向けて通達したり、ファイル共有に会社規定やFAQを登録しておけば、社員がいつでも検索閲覧できます。

このようにグループウェアを導入することで、社内コミュニケーションが円滑になり業務効率も向上します。

手間をかけずに低コストで導入できるグループウェアはWaWaOffice

WaWaOfficeは直感的に使いやすいシンプルなグループウェアです。
はじめてグループウェアを導入するお客様などから好評をいただいております。



ご検討中から専用サポート窓口で設定操作のご相談を受付しております。
まずは、グループウェアってどんなものか実際にデモサイトでお試しください!

WaWaOffice


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。