営業活動に差がつく名刺管理術!



WaWaFrontier

営業活動において日々溜まっていく名刺ですが、あなたの会社ではどのように管理していますか?
机の中に入れておいた名刺は、あっという間に整理のできない状態になってはいませんか?

名刺は連絡先交換のためだけではなく、企業にとって大切な財産です。
将来の見込み客になる可能性も十分にあるため、しっかりとした管理が必要になってきます。
引き出しやカードホルダーなどで管理しているならば、今すぐデジタル化をお勧めします。

名刺管理をデジタル化するメリット

デジタル化のメリットは、何といっても物理的にかさばらないことと、検索が一瞬で出来る事です。
ほかにも営業活動の効率化にて、さまざまな活用が可能になります。

頂いた名刺をスマートフォンを利用して名刺管理ツールに取り込めば、全社で即時に共有が可能になりすぐに活用することができます。

たとえば、企業の大切な資産である名刺を社内共有することで、営業部門では接点がないと思っていた企業のキーマンと、自社員が知り合いだったなどの人脈把握を活かした営業活動の効率化が図れるようになるでしょう。

さらにデジタル化した名刺をSFAシステム登録し管理することで、顧客・案件ごとの商談状況が見えるようになります。

他にも、展示会やセミナーの来場者や過去の案件の掘り起こしなどの顧客情報を管理することで、見込み客のリスト作成が瞬時に作成できます。
リストを使ってメール配信などを行い、商談に向けて育成していくマーケティング活動にも有効に活かせます。

このように眠っていた名刺を営業活動の効率化に活用するには、個人管理からの脱却をし営業部門で一元管理する必要があります。
名刺情報はデータ化して情報共有を可能にし、セキュリティも信頼できる名刺管理ツールの導入を検討してはいかがでしょうか?

名刺管理システムと連携出来るSFAはWaWaFrontier

WaWaFrontierは直感的に使いやすいシンプルなSFAです。
更にオプションの名刺管理システム(名刺de商売繁盛:ヤマトシステム開発(株))と連携して、スマホで撮影した名刺を簡単にWaWaFrontierの顧客に登録し、全社の名刺を一括管理が出来るようになります。

SFAシステムのWaWaFrontierで、眠っている名刺を組織で共有しビジネスチャンスの拡大を図りましょう!


WaWaFrontier


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。