成果の出る案件管理とは



WaWaFrontier

今でもExcelで案件管理を行っている企業はまだ多く存在しています。
柔軟性が高く、集計やグラフも簡単に作成できるExcelは非常に便利なツールですが、営業の案件管理を行うには限界があるのではないでしょうか。

実際に、Excelでの案件管理に限界を感じている営業マネージャーの声をよく聞きます。

なぜ、Excelで案件管理がうまくいかないのか?

案件管理の目的は、案件の進捗や状況を把握して課題を見つけ出し解決したり、対応漏れのないようにアクションすることで、受注率を上げ成果につなげて行くことです。

Excelで案件管理されている場合、取引先情報などを毎回すべて入力していないでしょうか?
同じ情報を複数シートに記載したり、該当のデータを探し出すのも苦労するでしょう。
また、Excelのテンプレートによっては「どういったプロセスで進めているか」「どのような内容の商談を行ったか」といった活動の詳細までを、過去の履歴と比べながら確認することはなかなか大変です。

案件フェーズが変更されても、メールなどで報告しなければ気づきません。
進捗があった場合や、新規案件が追加された際にも、集計やグラフを更新しなければ最新情報が確認できません。

多くの案件を抱えていると、すべての案件をしっかりと管理して停滞をなくし、対応漏れのないようにアクションを行っていくことが難しくなってきます。

IT化が進んだ現代ではスピードが大変重要です。
常に、案件の詳細をリアルタイムで共有することが重要になってきます。
このような課題を解決するのがSFAシステムです。

SFAシステムでどう変わるか

SFAシステムを活用すると、リアルタイムで案件の進捗が把握できます。
営業担当は、自社に戻らずとも案件進捗更新ができ営業活動の報告が可能となります。
顧客情報・活動履歴もすべてデータを紐付けて管理できるので、Excelより入力作業も楽になるでしょう。

営業マネージャーはスピーディーに状況把握することで、問題点を見つけ出し指示を出すことができます。
よって、Excel管理していた時のようにビジネスチャンスを逃すことなく、適切なマネジメント管理が可能です。

案件管理で成果を出すSFAシステム、WaWaFrontier

クラウド型SFA(営業日報)のWaWaFrontierを使えば、営業日報の見える化により案件進捗管理が出来るようになります。
営業担当が商談後にスマホから登録した日報を、会社でリアルタイムに確認したり、
重要案件や遅延案件がいつでも確認できたりするので、指示をすぐに出すことが可能です。

進捗管理も行えるため、毎週行っていた会議での報告も事前に共有できます。
会議の時間が大幅に短縮され、本来の顧客商談時間をより多く確保することが可能です。

Excelでの案件管理に限界を感じているのであれば、SFAシステムの検討をしてみてはいかがでしょう。


WaWaFrontier


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。