SFA(営業支援システム)導入の失敗例から学ぶ、活用・定着のポイント



WaWaFrontier

SFA(Sales Force Automation=営業支援システム)とは、営業力強化を支援するツールです。
日本では1990年代から大手企業に導入が進みましたが、近年では中小企業での導入も急増しています。

営業の活動状況を可視化し、売上を拡大するためにメリットのあるSFAですが、失敗に終わるケースも多くみられます。
いま導入検討中のユーザーは失敗しないように注意が必要です。

SFA導入の失敗例から学ぶ、活用・定着のポイントについて解説します。

なぜ、SFAシステム導入には失敗が多いのか?

実際に、SFAシステムを導入したにも関わらず、効果が出ないと感じる企業は多くあります。
そういった企業には、失敗につながった共通点が見られます。

1.導入目的が明確になっていない

SFAは導入したらゴールではありません。
導入することを目的とすると、まず失敗します。
「何を目的として導入するのか」を明確にすることが大切です。
導入の目的を営業メンバーにもしっかりと伝えてメリットを理解してもらいましょう。

2.難しくて使えない

利用者の年齢層など、ITリテラシーも会社・個人ごとに違います。
最近では、直感的に使えるツールも増えてはいますが導入後の研修やサポート体制は整えておきましょう。
研修等は、サービス提供会社やシステム部門でも問題ありませんが、営業マネージャーは部下の質問に回答できるように導入前にSFAシステムを理解して使いこなせるようにしましょう。
導入前に営業メンバーに、要望などを聞いておくことも効果があります。

3.項目が多く入力が手間

経営層やマネジメント側からは、先の事を考えて多くのデータを撮りたがる傾向がありますが、ちょっと待ってください。
とくにはじめてのSFA導入では、導入自体に抵抗のある営業担当が手間になるようだと、たいへんな労力になり中々うまく定着しません。
最初は、必要最低限の項目に絞って、現場に入力に慣れてもらう事が重要です。
必要な項目が増えたら、後から追加することも可能です。

SFAは導入したらゴールではありません。
導入することを目的とすると、まず失敗します。
「何を目的として導入するのか」を明確にすることが大切です。
導入の目的を営業メンバーにもしっかりと伝えて理解してもらいましょう。

失敗しないSFAの選定ポイント

SFA導入で失敗しないための3つの選定ポイント。

・SFAの必要性・導入目的を明確にし普及する
・簡単に入力が出来るツールを選ぶ
・必要最低限の項目に絞り、入力の負荷を下げる

無料体験などをうまく活用して、自社に合うSFAシステムを選定しましょう。

低コストで営業が入力しやすい!定着しやすいSFAシステムのWaWaFrontier

WaWaFrontierは直感的に使いやすいシンプルなSFAです。
操作性もよくシンプルで低価格ですので、はじめてのSFAシステムを検討されているお客様や、複雑なSFAシステムが定着しなかったといったお客様に大変ご好評いただいております。

外出先からスマホでも簡単に日報入力が出来るので移動時間などを有効活用できます。
ルートセールス向けの複数顧客への日報も簡単に入力が可能です。
1.顧客名の一部を入力することで、検索候補が出てきます。

2.上司からのコメントや指示もタイムリーに確認することが出来るようになります。

簡単に活用できるSFAシステムの導入をご検討中の方には、まずは無料体験をお勧めします。


WaWaFrontier


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。