交通費精算業務は電子申請で楽になる!(経理担当編)



WaWaFlow

営業担当だけでなく、経理部門でも毎月多くの時間と労力がかかってしまっている交通費精算業務。

間違いが許されない交通費の精算業務では、経理部門の内容チェックが重要になるため
申請単位での経路の確認や、二重チェックなど多くの手間がかかっていませんか?

紙やExcelで交通費精算をする場合

紙やEXCELで精算を行っている企業では、このような話をよく聞きます。

月末の締め切り間際に、交通費申請が大量に発生し確認のために残業が発生する・・。
定期区間の控除がされていない、申請ミスが多い。
領収書の提出が漏れている・・。
差戻しや確認作業が嫌がられて、精神的に苦痛・・・。

これだけ、時間と手間をかけても申請者は正しく申請してくれるようにはならず経理部門の負担も大きくなります。

営業の手間を省いた、申請しやすい仕組みを取り入れることで
経理部門の負担も削減されますよね。

交通費精算には電子申請を活用

電子化することで、スマートフォンから簡単に申請が行えます。

今まで、営業は面倒で締切間際にまとめて行っていた申請もこまめに申請するようになります。
そのため、月末月初に処理が集中するといった事が緩和されます。

また、便利な機能を利用することで経理側で手間がかかっていた交通費の細かな確認作業を大幅に削減することが可能です。

駅すぱあと連携の出来るWaWaFlowで簡単申請

WaWaFlowでは駅すぱあと連携を利用することで、申請画面より自動で交通費を算出し、そのまま申請を行うことが可能です。
定期区分控除の誤りなどもなくなり、申請業務の確認がスムーズに行えます。

定期区間が含まれる場合には、その区間を除外して計算したり、現金精算かICカード精算かの選択も可能です。

出張申請でも移動区間を指定することで、区間料金を自動計算することができます。

一目でわかるアイコンで、確認がスムーズに行えます。
経理担当者の交通費精算業務の効率化にもつながりますね。

営業担当の申請業務の負担も軽減されますので関連記事も合わせてご覧ください。

面倒な交通費精算は電子申請で楽になる!(営業編)

2019年3月27日

紙やExcelで交通費精算を行っている企業には、電子申請をお勧めします。
交通費精算業務の負担を軽くするWaWaFlowはこちらから

WaWaFlow


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。