導入前の不安を解消!抵抗なくワークフローを電子化するには。



WaWaFlow

近年、経費精算や稟議書などの申請業務を効率化するワークフローシステムは、中小企業にも導入が広がっています。

これから導入しようかと考えている企業担当者向けに、導入を検討する際によくある不安とスムーズな移行のポイントを解説します。

ワークフロー検討時に、不安に思うこと。

ワークフローシステムの導入を検討しているけど、なかなか導入に踏み切れないといった企業では、次のような不安がありませんか?

システム担当者はPCに不慣れな社員に、システム浸透させるのも大変です。
現状の紙帳票は長年の改良で自社にピッタリ合ったものになっているはずです。
ワークフローの導入で、今までの申請書式と大きく変わってしまって、社員から「使いにくい!」「前のほうがよかった!」などの不満があがり失敗してしまうのではないか?

せっかく業務効率の為に導入したワークフローが利用されなければ意味がありませんから、検討される際は実際に活用できるか気になりますよね。

抵抗なくワークフローを電子化するには。

どうしたら、ワークフローシステムがスムーズに導入できるか?
社員に抵抗なく利用してもらうには、現状の見た目を大きく変えない事です!
Excelと同じイメージの入力フォームでスタートすることで、社員の違和感を最小限に抑えましょう。

大きな違和感なく運用を開始できれば、過去申請履歴検索や引用申請を行うことも可能ですし、承認状況も一目で確認できるようになります。

何より、社外からの申請も可能になり決裁までの時間が大幅に短縮され業務効率が上がります。
1か月も電子化の運用を続けると「紙の申請のほうがよかった」<「便利になった!」との社員の声が、増えてくるでしょう!

紙の運用からスムーズに電子化移行できるワークフローはWaWaFlow

さまざまな申請業務のスピード化を実現できるWaWaFlow。

WaWaFlowでは、今お使いのExcelシートを取り込んでフォーム作成が簡単にできます。
Excelと同様に電子印鑑の表示も可能です。

見た目のイメージが変わらないので、違和感なく電子化が可能です!
アナログ運用されてる企業は、ワークフローの電子化をご検討ください。


WaWaFlow


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。