見積書提出のスピード化で、ビジネスチャンスを逃さない!
ワークフローとデータベースを連携して活用する。



WaWaFlow

営業マンが日々作成している見積書、あなたの企業ではどのように作っているでしょうか?
EXcelで1件づつ作成している企業もあれば、ワークフローを利用している企業もあるでしょう。

Excelでの作業であれば、過去の履歴からコピーして作成する際に価格変更に気がつかず提出してしまった・・。
急ぎで提出したいのに、いったん会社に戻って上司の承認が必要なので見積提出が遅れた・・といったことが起こることもあるでしょう。

また、ワークフローを利用した場合には見積提出はスムーズに行えますが、案件が増えてくると提出後のフォローなどに漏れが生じたりしていませんか?

見積書の提出に時間がかかったり、提出後のフォローが出来ていないとビジネスチャンスを逃してしまうこともあります。
せっかく作った案件を早めに受注に近づけるために、システム活用して運用してはいかがでしょうか。

この記事では、ワークフローで最新の商品情報などから申請を行い、決裁後のデータをデータベースに連携して、進捗を管理する方法をご説明します。

WaWaFlowでの見積書作成

WaWaFlowで見積書の申請を行うことで、外出先からも作業が行えるようになります。
また、決裁スピードが速くなりますのでいち早くお客様に見積提出が可能になります。

見積作成フォームは自由に作成できます。

商品マスタと連携すれば、型番や原価などを簡単に記入出来ます。明細もボタン一つで追加可能です。

型番が変わってしまっていた!などの見積もり作成のミスがなくなりますね。

決裁後の見積データは既存のExcelフォームがあればそのまま出力も可能です。

同じような内容の見積を作成する場合はコピーボタンで簡単に複製する事が出来ます。

WaWaD-Be(なんでもアプリ)と連携して見積管理

決裁後のデータをWaWaD-Be(なんでもアプリ)に連携する事で、見積書の管理が簡単に行えます。

提出日や企業名など任意の項目で検索が出来ます。検索だけでなく一覧画面からExcelのフィルタ機能のように絞り込みも可能です。
見積提出のままになっているものも、すぐ確認可能なのでフォロー漏れがなくなります。

そのほかにも、WaWaFlowはさまざまな申請業務に活用できます。
WaWaD-Be(なんでもアプリ)と連携することで、データ活用ができ業務効率にもつながります。

こちらの関連記事も合わせてご覧ください。

導入前の不安を解消!抵抗なくワークフローを電子化するには。

2019年2月20日

これからの「スピード経営」に対応する電子申請

2018年11月27日

【活用例】ワークフローとデータベースを連携して利用する

2019年2月22日


WaWaFlow


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。