【活用例】データベースを活用して営業アプリを作成



WaWaD-Be

あなたの企業では、データ管理はどのように行っているでしょうか?
現在Excelで管理しているのであれば、データベースを利用する事で、より便利に活用する事が可能です。

例えば、営業リストなどをExcelで管理し、定期的に会議で発表するための案件進捗管理表の作成や日報管理などはデータベースを活用することで、便利に利用いただく事が可能になります。

Excelでの営業管理の課題

案件情報の進捗管理をExcelで行っている場合、営業会議用に進捗状況、受注時期などを各個人で修正し、マネージャーが会議用に整理して報告をしている企業も多くあるようです。
そのような場合は、会議用の為の案件管理になるようなケースも出てきます。
受注を拡大していくためには、各案件に対して、どのような活動を行い、受注のための課題は何か?を営業担当者だけでなく、チームとして把握していく事が重要です。
案件情報の共有と活動の見える化をしていく事で、案件の受注確率を向上させ、業績改善に結び付ける事も可能になります。

各案件に受注予定などを入力して、営業担当者が自分の案件情報を更新する事で、タイムリーに受注予測を立てる事も可能です。

WaWaD-Be(なんでもアプリ)の受注見込み画面サンプル

商談の停滞状況を気づきでお知らせ

データベースで案件管理を行う事で、活動情報も各案件に紐づけして管理する事が可能です。
活動履歴も同時に管理する事で、マネージャーは各案件に対しての営業担当者の活動状況や受注への課題を、分析・把握する事ができ、失注になる前に営業担当者へのアドバイスもできるような環境をつくっていく事ができます。

商談の停滞状況を気づきでお知らせ

忙しい営業担当者の中には、自分の商談すべて進捗を把握できていないといった場合もあるでしょう。
そのような時は、受注予定時期の〇〇日前になったら気づきとしてのお知らせを担当営業に表示させる事も可能です。

忙しさのあまり、フォローを忘れている案件があるようであれば、気づき機能で営業タイミングをお知らせすることで対応漏れを防止することが可能です。

なんでもアプリ(WaWaD-Be)でさまざまなデータを共有活用!

クラウド型データベースのなんでもアプリ(WaWaD-Be)を使えば、営業管理もチームや組織で常に最新の状態が確認出来るようになります。

今回は、営業部門に合わせた活用事例になりますが、データベースは様々な部署で活用できるサービスになっています。
様々な活用例のご紹介は随時アップしていきます。


WaWaD-Be


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。