データベースをつかった顧客管理の活用で業績改善



WaWaD-Be

新しい取り組みへの課題

業績改善を行うために、営業部門は新規の顧客獲得や新しい事業への取り組みなど、様々な新しいことへの取り組みが求められる中で、いろいろと頭を悩ませるマネージャーは多いと思います。また会社からは結果も短期的に求められることが多く、「新しい事業への取り組み」や「新規顧客の創造」など口でいうのは簡単だが、実際それを実行し結果を出すことは非常に難しいことだと思います。

このような事を行うのも業績改善(売上向上)が目的であり業績改善のために何をするか?が新しい事業への取り組みとなっているケースが多いと思います。新しい事業を考える前に、今のやり方や今の顧客で業績は改善できないか考えてみると以外に業績を改善できるヒントがあることもあります。

今の顧客を整理して、更に業績改善ができる手法がないかを検討するためにも、顧客管理をうまく活用していく必要があります。

データベースを活用した顧客管理

WaWaD-Beのデータベースで顧客管理を行い、今の顧客の状態を整理し業績改善に結びつける。

kokyaku

※顧客管理サンプル画面

顧客管理を行う場合の、各項目は自由に作成ができます。

顧客管理をもとに様々な行動や導入実績を紐づけ管理

renkei

顧客管理をもとに、「問合せ履歴」や「導入実績管理」などお客様のニーズに合わせて紐づけ管理が可能です。顧客情報を整理して、最適な提案のタイミングを探り、受注確率を高めることで業績改善につなげることが可能になります。

データベースを活用して、顧客管理を行う場合はこちらをご確認ください。


WaWaD-Be


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。