案件管理を有効活用できるSFA



WaWaFrontier

案件管理の重要性

営業マネージャーは一般的にはチームの数字責任があり、予算を達成するためには案件の管理は欠かせないものだと思います。

SFA未導入の企業においても、多くの企業でエクセルを使って案件管理を行い、今後の見込みの確認はもちろん戦略の見直し予算達成のための活動修正を行っていると思います。

しかしながらエクセルで管理をしている場合、各案件の現状の状態を確認することは可能ですが、その状態に至ったまでの経緯や活動内容まで把握することは難しくなってきます。活動内容を把握できなければ営業担当者の個々のスキルに案件の進捗が依存し、結果として予算達成が難し場合は、顧客リストをもとに案件を探す活動から行う必要がでてきます。

案件を新規に探すことは、営業担当者にとっては大変な活動になってきます。ですので、受注確率を高めて、現在上がった案件で予算達成ができることが、マネージャーや営業担当者にとって一番うれしいことになります。

受注確率を高めるためにも案件の進捗に対する活動内容が把握できる環境があれば、成功している人の活動(接触頻度などや各フェーズによる商談内容)などを把握することができ、案件の継続率を高めることが可能になり、結果的に受注確率の向上につなげることができるようになります。

(自社の営業の必勝パターンが見えてきます。)

このように、案件の行動管理は業績改善には重要でそれを支援するSFAの活用は企業にとってメリットの十分あるサービスになります。

SFAで案件管理

WaWaFrontier(SFAシステム)は顧客情報をもとに、案件・活動(日報)管理が簡単に行うことができます。

anken

※案件管理詳細画面

案件項目はお客様の運用に合わせ、自由に項目が作成できるので自社にあった案件管理が可能になります。

日報登録時に案件内容を変更できるので、営業担当者は入力が簡単

日報の項目内に案件の項目を表示させることが可能です。

nippou

お客様で作成した、案件項目を日報内に表示して日報を登録と同時に案件の更新ができるので、正しい案件情報を維持していくことが可能です。

このようにSFAで案件管理を行いながら、受注確率を高めるツールとしてWaWaFrontierをご活用ください。


WaWaFrontier


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。