SFAとグループウェアのスケジュール管理



WaWaOffice

スケジュールの2重入力

企業において、様々なシステムが分散して「使いづらい」や中にはそれが原因でうまく活用が進まないなどの課題をよく聞きます。例えばグループウェアはA社の商品を使っているが、SFA(日報管理)はB社の商品を使っており、営業担当者はグループウェアにもスケジュールを登録するが、SFAにもスケジュールを登録しているなど、2重入力をしてまでも活用しようと努力をしている企業も多くあります。

グループウェアでのスケジュール管理も重要だが、営業部門にとってはSFAのスケジュールも重要になり、結果として両方登録するような運用になってしまいます。日々忙しい営業マンにとっては面倒な作業が増えてしまい、結果として入力を怠ってしまい、せっかく入れたSFAがうまく活用できていないなどの状況も発生してしまいます。

様々なシステムを活用する上でもシステム間の連携は重要になってきます。

SFA入力はグループウェアのスケジュールを利用

WaWaOfficeはオプションのSFAを利用することで、グループウェアのスケジュールを利用してSFAの活動予定や実績の入力が簡単に行うことが可能です。営業担当者は日報入力をすることで、グループウェアでのスケジュール共有もできるので、他システムを利用している場合に発生する2重入力などの手間が削減でき、運用定着を支援いたします。

suke

スケジュール登録時に、「日報予定」、「日報実績」への切り替えができます。

sukeh

日報活動をスケジュールの登録感覚で登録ができるので、営業担当者は2重入力の手間が削減されます。

グループウェアのスケジュールと連携するSFAはこちらをご確認ください。


WaWaOffice


業務改善クラウドサービス
WaWaOffice紹介資料

サービスの概要、特徴、機能紹介など様々な情報を掲載。まずは資料をご確認ください。