ワークフローの課題

ワークフローとは、
業務に関する申請事項の承認フローを指します。
紙の書類を回覧しながら段階的に承認印の捺印を行っていく方法が一般的ですが、
このプロセスには課題点も。
今回は、ワークフローにおけるおもな課題やその解決策についてご紹介します。

【課題1】承認の遅延発生

紙の書類を回覧しながら捺印していく従来のワークフローでは、
承認プロセスにいる誰かが出張などで留守にするとその分承認が遅れてしまいます。
業務のスピード化が問われる昨今においては、
承認の遅延によってビジネス自体に支障をきたすことも。
いつでも、どこでも承認状況を確認して承認が行えないことでの弊害が、
業務の滞りにつながってしまう可能性があるのです。

【課題2】申請プロセスが複雑

「紙の書類を発行するためにデータを作成」→「紙の書類を出力」→「順次回覧、捺印」→「最終確認の上、承認完了とし業務指示」
というワークフローの申請プロセスは、
現代のビジネスの速度を考えるととても複雑。
業務スタート以前の段階でここまで時間や日数を要する過程を踏まなければならないとなると、
生産性低下につながると考える方も多いでしょう。
もう少し単純なプロセスでスピーディに申請や承認を進められれば、
業務そのものの生産性向上に貢献できるのでは?とお悩みの方も少なくないはずです。

ワークフローの課題解消のためには

紙の書類を回覧する方式で従来のワークフローを実施している企業が
「もっと業務のスピード化・効率化を!」とお考えなら、
それらの過程をすべて電子化して対応できる「ワークフローシステム」の導入がおすすめです。

ワークフローシステムのメリット

1.紙を使用しないため、ペーパーレス化に貢献できる
すべてデータ上で決裁・承認を行えるため、ペーパーレス化につながります。

2.過去の決裁・承認履歴の確認が容易
多くの紙の書類をファイリングした中から1枚だけを探すことはとても非効率ですが、
電子化すれば1度の検索ですぐに確認できます。

3.承認経路や時系列が可視化できる
承認プロセスや決裁・承認完了までの履歴を時系列順に確かめられるため、
その見直しでさらなる業務効率化も可能になります。

決裁・承認のスピード化だけでなく、
ペーパーレス化や通常業務の効率化など、
ワークフローシステムの導入にはさまざまなメリットがあることが分かりますね。

おわりに

今回は、
従来のワークフローが持っていた課題や、
それを解決に導くワークフローシステム導入のすすめについてご紹介しました。
ワークフローシステムは、
承認の遅延発生や複雑なプロセスによる業務スピードの低下といったこれまでのワークフローの課題を解消してくれるツールです。

現在では多くのベンダーによって、
さまざまなワークフローシステムがリリースされています。
社員や運用部門に対して確認をしっかり行い、
どの部署でも効率的に利用できるシステムを選定することが大事になるでしょう。

>ワークフローWaWaFlow|格安で簡単操作のワークフロー




関連コンテンツ

■ ワークフロー導入で内部統制の強化を
■ ワークフローの見直しでコスト削減
■ ワークフローの基本機能とは
■ ワークフローとは
■ ワークフローと働き方改革
■ ワークフローを運用する上で課題になることとは?
■ ワークフローの最大の導入効果を徹底解説
■ ワークフローシステムとbpmシステムの違いとは?
■ ワークフローでできる勤怠管理とは?
■ ワークフローの導入イメージを教えます。
■ 簡単で扱いやすいワークフローの定義とは? 解説します!
■ ワークフローの正しい選び方分かっていますか?
■ ワークフローを導入することでどんなメリットがあるの?
■ 会社で行う稟議の申請は「電子化」することがトレンド!
■ 組織の問題点が見えやすい「業務の見える化」を検証
■ 面倒な申請業務を効率アップするためのポイントを解説
■ 知っているようで知らないグループウェアとワークフローの違い
■ 組織にとって大切な内部統制とは?
■ 導入する前に知っておきたいワークフローの失敗例
■ ワークフローで解決できる課題とは?
■ 注意点を守ればワークフロー導入は失敗しない!
■ 比較する前に要チェック!ワークフローの正しい選び方
■ 企業が注目しているワークフローとは?
■ ワークフローの機能や出来ることを発表します!
■ ワークフローのメリットまとめ
■ クラウド型ワークフローのメリットが知りたい!
■ 申請書類のペーパーレス化は難しい!?