ワークフローと働き方改革

ワークフローシステムとは、
業務の処理手続きを電子化できるツールで、働き方改革にも有効な手段の1つといわれています。
そこで今回は、ワークフローシステムの働き方改革への貢献についてご紹介します。

働き方改革とは?

一部の会社の、旧態依然とした体質により放置されてきた劣悪な労働環境や、
非効率な業務体系などが社会問題となっています。
これらの問題を改善しない限り、今後の経済活動に大きな損失をもたらすことが予測されます。
また、将来的には現在よりも少なくなる労働人口で、大きな成果を上げることが求められるため、
働き方における従来の体質を根本的に見直すこと、
つまり働き方改革が急務
なのです。

ワークフローシステム導入による働き方改革への貢献

働き方改革というと、女性や中高年世代といった働き手の活躍推進や、
残業の削減などを思い浮かべる方が多いかもしれません。
それらの取り組みはもちろんですが、
加えて申請書類の電子化や進捗のスピード化を進める「ワークフローシステム」の導入も、
働き方改革に大きく貢献する
といわれています。
ここでは、ワークフローシステムの導入が働き方改革へ寄与できるポイントについてご紹介します。

【ポイント1】業務手続きの遅延解消

ワークフローシステムを導入することで、
インターネット経由で申請や承認などの業務手続きが可能となります。
例えば、承認権限を持った社員は外出先でもインターネット経由で承認できるため、
業務手続きの遅延が起こりにくくなります。

【ポイント2】電子化による業務効率の向上

<pワークフローシステムにより申請書類を電子化することで、
膨大な紙の書類を保管・管理する手間がかからなくなります。
また必要な書類はデータベースで検索して、簡単に取り出すことが可能です。

【ポイント3】業務手順の可視化による課題発見

<pワークフローシステムを導入することで、
業務手順が可視化されるため、課題発見に役立ちます。
例えば、申請ごとに記録されている起案から承認されるまでの情報を分析することで、
どの工程にどれだけの時間がかかってしまっているのかなど、ボトルネックとなっている部分を見つけやすくなります。

おわりに

今回は、ワークフローシステムが働き方改革にもたらす影響についてご紹介しました。
働き方を改善するためには多くの方法がありますが、
中でもワークフローシステムは低コストで実効性のある手段です。

ワークフローに問題を感じている場合は、ワークフローシステムの導入を検討してみるのはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

■ ワークフローの見直しでコスト削減
■ ワークフローの基本機能とは
■ ワークフローとは
■ ワークフローを運用する上で課題になることとは?
■ ワークフローの最大の導入効果を徹底解説
■ ワークフローシステムとbpmシステムの違いとは?
■ ワークフローでできる勤怠管理とは?
■ ワークフローの導入イメージを教えます。
■ 簡単で扱いやすいワークフローの定義とは? 解説します!
■ ワークフローの正しい選び方分かっていますか?
■ ワークフローを導入することでどんなメリットがあるの?
■ 会社で行う稟議の申請は「電子化」することがトレンド!
■ 組織の問題点が見えやすい「業務の見える化」を検証
■ 面倒な申請業務を効率アップするためのポイントを解説
■ 知っているようで知らないグループウェアとワークフローの違い
■ 組織にとって大切な内部統制とは?
■ 導入する前に知っておきたいワークフローの失敗例
■ ワークフローで解決できる課題とは?
■ 注意点を守ればワークフロー導入は失敗しない!
■ 比較する前に要チェック!ワークフローの正しい選び方
■ 企業が注目しているワークフローとは?
■ ワークフローの機能や出来ることを発表します!
■ ワークフローのメリットまとめ
■ クラウド型ワークフローのメリットが知りたい!
■ 申請書類のペーパーレス化は難しい!?