SFAとCRMの違いがわからず困惑している企業の担当者さんも多いかと思います。
自分の会社がどういう悩みを持ってどう解決したいのか……目的の違いによって利用すべきツールが変わってきます。
各企業それぞれに解消したい悩みがあると思いますので、どちらが自分たちにとって適切なのか照らし合わせてみてください。

SFAとCRMは得意ジャンルが違う

SFAは「Sales Force Automation」の略で、訳すと営業支援システム。
CRMは「Customer Relationship Management」の略で、日本語に訳すと顧客管理関係となります。
日本語に訳せばわかりますが、両ツールは同じベクトルではありますが、アプローチの方法が違うのです。
SFAは、社内で顧客情報や案件情報を共有して個人で動くのではなく組織で営業をしようという目的です。
CRMは、顧客の情報を管理して、見込み客の引き上げや既存顧客に関連商品を買ってもらう……などが目的です。
いわば、管理したい対象が、SFAが社内、CRMが顧客となります。

SFAの得意領域とは?

CRMの得意領域は以下のようなものがあります。

・スケジュールから営業日報などをシェア
個人の行動を把握し営業の行動分析をすることで、結果に結びつけることができます。

・進捗管理が把握できる
今どの程度案件が進んでいるのか把握できるので、

対応が遅れた場合はフォローができますし、チャンスロスを防ぐことができます。


・組織の力で個人を成長させることができる
SFAには組織のみが利用できる掲示板があり、情報共有やノウハウの提供などを行うことができます。新人教育や悩み相談などができ、組織で個人の成長を促すことができます。

CRMの得意領域とは?

CRMの得意領域は以下のようなものがあります。

・ただの顧客リストが価値のあるデータに変換
あまり有効活用できないと思っていた顧客リストは、CRMを導入することで様々なデータが打ち込めるようになり、価値のある顧客リストに変貌します。今後の営業の見通しや、会議に役立つものとなるでしょう。

・顧客管理がなされているので適度なアプローチが打てる
企業と顧客の接点が明確化され履歴に残ります。顧客にとっては、営業担当者が来ようと、マーケティング担当者が来ようとも、同じ会社からアプローチされたと思っててしまうものです。部署外も確実な連携をとることは難しく、同じ顧客に対して同じ提案をしてしまう場合だってあります。そうすれば、顧客は不快に思いますし、企業に対する不信感もぬぐえなくなるでしょう。顧客との接点を逐一更新することでトラブルを避けることができます。また、履歴を確認して的確な感覚でアプローチをすることができるでしょう。

・作業が効率化される
CRM内にて過去のトラブルや成功例もまとめることができるので、同じ顧客や似た顧客に対して成功例を持ってアプローチすることができます。こうした積み重ねにより基準が生まれ、作業が効率化されていきます。

SFAを利用するならWaWaFrontier

オSFAをお探しならWaWaFrontierがオススメです。その理由は、初期費用無料で月額費用のみというお手頃なアプリケーションながら、日報入力、コメント機能、進捗管理、行動分析、受注予定表、顧客面談履歴照会など、様々な機能が盛りだくさんだからです。

まとめ

SFAとCRMの違いを解説しました。
それぞれの魅力や目的を知れば、自分の企業にとって、どちらが必要か見えてきたことでしょう。
企業の悩みを改善してくれるSFAとCRMを是非利用してみてくださいね! SFAを利用するならWaWaFrontierがオススメですよ! >SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA

関連コンテンツ

■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説