最近よく耳にすることが多い『SFA』。
営業にとって手助けしてくれるものと分かっていても、何も知らなければリスクしか感じないでしょう。
ここでは、実際にSFAを利用するにあたってのメリットを紹介しています。
営業にとっての救世主となるSFAは是非導入すべきです!
さらに、オススメのSFAアプリも教えちゃいます。

そもそもSFAとはどんなものなのか?

SFAとは、企業の営業活動を支援してくれるアプリケーションのことです。
SFAは、英語の「Sales Force Automation」の略語で、日本では「営業支援システム」と呼ばれています。

企業の営業チームが情報を共有する場合、今までは会議での報告や社内メールが当たり前でした。
その点SFAは、既存の顧客や見込み客の営業活動に関する情報をアプリ内で記録・管理でき、チーム内での情報共有をスムーズに行うことができます。
また、過去の商談履歴や現在進行している進捗状況、営業活動を通して入手した重要な情報、
スケジュールなどを一括管理できるので、営業活動の効率アップを目指す企業にオススメなのです。

営業にはどうしても結果が求められます。
どんなアプローチで仕事をするのは企業によって違いますが、どのチームも効率は求めるはず。
「溜まりがちな案件がある」、「営業の行動分析をしたい」という企業は特に注目です。
是非導入を検討してみてください。

SFAを活用すれば得られるメリット3選

それでは、SFAのメリットを3つ紹介していきましょう。

情報資産を有効的に活用できる

企業にとって、人脈、情報、営業事例は貴重な資産です。
これがなければ企業が成り立たないと言ってもよいでしょう。
しかし個別に情報を管理するスタイルをとる企業では、この資産を活かしきれていません。

訪問記録や商談の情報などがSFAで共有できるようになると、
蓄積されたデータがあるので顧客に応じてのアプローチを変えることができやすくなります。
過去に成功した営業事例が閲覧できるメリットがあるので、
ヒントやコツを会得しやすくなり、成績向上も夢ではなくなります。

営業プロセスの改善ができる!

営業活動の振り返りをする際、営業プロセスをどのように行っているのか把握できていないと改善することができません。
上司に口頭や紙ベースで業務報告を行っても、細かな情報の共有やリアルタイムでアドバイスを求めるのが難しくなります。

その点、SFAだと日々の営業情報をまとめることはもちろん、詳細なプロセスが保存できるようになります。
よって、貴重な情報をチームで共有することができ改善がしやすくなるメリットがあります。
マネージメント側にとっても、担当者の弱点や、受注までのアプローチが把握できるので、的確な指示を出すことができます。

今後の戦略や営業方針の検討に役立つ情報が手に入る

営チームのメンバーが多ければ多いほど、個々の業務内容の把握は困難になります。
SFAはなにも情報共有するだけのものではありません。
個々の営業成績のグラフや表組みなどデータが可視化でき、今後の戦略・分析に一役買ってくれるのです。
また、的確な収支予測ができるため、コスト削減にもつながるメリットがあるのです。

まとめ

・SFAを利用すると、個々が所有している情報を最大限に活用できる
・営業プロセスの改善ができるので、軌道修正がしやすい
・個々の営業成績がみられて、的確な分析ができる
・SFAを利用するならコスト面で心配がない「WaWaFrontier」で決まり!

WaWaFrontierなら初めての方にもシンプル・簡単にご利用いただけます。
>ワークフローWaWaFlow|格安で簡単操作のワークフロー

関連コンテンツ

■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説