SFAを導入する前に、まず標準的な機能を把握しておきたいのが本音でしょう。
SFAは利用すると自社にとってどんなメリットがあって、仕事は効率的になるのか……機能面は充実しているのか……気になるところです。
もしかしたら必要がないのでは? と迷っている企業こそ必見の記事です。
今回はオススメのアプリケーション「WaWaFrontier」の機能を例に解説しています。
SFAの機能を知れば、きっと導入を再考したくなるはずです!

営業にとって必要な情報を一括管理できる機能

SFAは、営業日報、商談情報、既存顧客や見込み客の情報など営業活動に必要な情報を効率的に管理できる機能を搭載しています。
特にオススメのアプリケーションである「WaWaFrontier」では、グループウェアと連動させることができるので書き込みも簡単です。
>SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA

また、フィルタリング機能を使えば、蓄積された営業情報が確認でき、取りこぼすことなく営業活動ができます。
自分が気づきたい情報をあらかじめセットできるので忘れることもありません。
また、パソコンが苦手だという新人やベテランの方でも簡単に日報が打てるよう工夫されている利便性の高いアプリなのです。

商談の進捗状況の共有やフロー管理ができる

商談の進捗情報を共有できる機能を搭載しています。
営業担当者は空き時間などを使って活動内容を反映することができるので、案件の放置を防ぎチャンスロスがなくなります。
マネージャーは個々が抱える案件の進捗状況をみて的確な指示をだすこともできるのです。

機能が充実しているSFAアプリ「WaWaFrontier」では、先輩や上司、同僚から様々なコメントがもらえる機能が備わっており、情報共有やノウハウを簡単に提供してもらうことができます。

自分にはない情報の活用や考え方が学習できるので、個人のレベルアップにもつながります。
機能性の高さも相まって活用するだけで二度美味しいアプリなのです!

外出先で営業活動をアシストしてくれる!

SFAは、ノートパソコンはもちろん、スマホやタブレットなどと連動することができます。
営業マンにとって、取引先や案件情報、連絡先を外出先でチェックできるのは心強いでしょう。
スマホやタブレットにも対応している「WaWaFrontier」では、モバイルからアクセスすればモバイル画面での表示がされ、
スマホでも閲覧しやすくなります。ちなみにタブレットはパソコン同様の画面で操作が可能です。
外出先で重要な情報が知りたい……と思った時もこの機能があれば解決できますね。

その他の機能も充実しているSFA

オススメのSFAアプリケーション「WaWaFrontier」では、上で紹介した他にもたくさんの機能が搭載されています。
ほんの一部ですが紹介しましょう。

◼行動分析

営業担当者が「どのように行動したのか」、「何に時間を費やしたのか」など日報内容を元に分析できる機能です。

◼顧客面談履歴照会

一括管理された顧客との面談記録に基づいて、月別の面談回数の推移を一覧で確認できます。営業工数の偏りだけでなく、今後の顧客バランスを考察できます。

◼商談物件進捗管理

商談物件ごとに営業計画を立てることができます。

◼受注予定表

登録された商談物件を集計し、部門別または担当者別に受注予定表が作成できます。

まとめ

・SFAは営業にとって必要な情報を簡単に管理できる
・商談の進捗情報を共有できる
・ノートパソコン、スマホ、タブレットなどを駆使して、外出先でも利用できる
・機能性が高い「WaWaFrontier」は、SFAのアプリケーションの中で一番のオススメ

関連コンテンツ

■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ 導入する前に知っておきたいSFAで出来ること
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説