申請業務を大幅改善!使えるワークフロー

WaWaFlowはクラウドで「ワークフロー機能」利用できます。

ワークフロー(WaWaFlow)はパソコンにソフトをインストールすることなく操作できますので、導入時やパージョンアップ時のコストを大幅に削減できます。 また各営業所間でもインターネットに接続できれば、「ワークフロー」を導入することができます。 自由に申請ルートや承認パターンとフリーフォームで書式を作成できますので簡単な申請から複雑な申請まで柔軟に対応できます。

申請フォームも簡単作成

申請画面

プログラム知識不要で簡単作成

申請フォームはお客様で作成できます。
今ある社内申請を元に、入力フォーム作成し印刷フォームは
エクセルシートも活用できます。

詳細はこちら

便利な機能が満載

  • エクセル出力

    出力フォームにご利用中のエクセルフォームをそのまま利用。

  • 条件分岐

    申請内容や申請者に合わせて条件を分岐。

  • ドラッグ&ドロップ

    申請フォームの作成が簡単。

  • マスタ参照

    マスターを作成できます。

  • 明細項目

    明細項目を自由に作成

  • 項目切り替え

    項目を切り替えることで、入力項目変更

あの稟議書は決裁がおりたのだろうか?

申請状況が不明
稟議書を書いたが、決裁がでたかどうかわからないで、電話で確認する。 急ぎの申請にもかかわらず、どこまで承認されているか分からない。いつまでたっても承認・決裁されない。机の上で書類が埋もれている。
ワークフロー(WaWaFlow)なら
利用者はワークフローで申請した書類が現在どこまで承認されているか?即座に確認可能。決裁がが取れれば、お知らせ機能で状況を素早く把握することができます。

承認決裁者が出張が多く、なかなか決裁がとれない。

決裁まで時間がかかる
出張は明後日なのに、まだ出張申請が決裁されていない。出張に行ってもいいのだろうか? 急ぎの申請で、明日には決裁がほしいが、部長が出張中で連絡がとれない。
ワークフロー(WaWaFlow)なら
承認・決裁者はワークフローから書類が上がれば、お知らせ機能で即座に状況確認可能。 出張中でも携帯電話から承認・決裁が可能なため、ワークフローの承認がスピーディーに行えます。

決裁された、書類をシステムに再度入力している。

決裁後の入力の手間
決裁された、書類を今度は、会計システムなどに再度入力をするため、入力に時間がかかる。
ワークフロー(WaWaFlow)なら
ワークフローで決裁されれば、決裁データをcsv出力可能。そのまま別のシステムに取り込みができます。出力形式も取り込みたいシステムにあわせ、 お客様で自由に設定ができます。

同じ書類を度々申請すが、その度に一から記入している。

書式の入力の手間
出張によくいくのだが、その度に出張申請を一から記入している。時間が非常に無駄である。
ワークフロー(WaWaFlow)なら
ワークフローで1度申請したい、書式は次回も引用申請が可能です。同じような申請を出す場合は簡単にコピーできます。

この書類は誰に承認をとればいいのだろうか?

承認経路が不明
例えば3万円以上の申請はどこに回送すればいいのだろうか? めったに出さない書類なので、どこに回送すればいいかわからないなどその度に総務や上司に確認をしたり、間違ったルートに申請をしてしまい、決裁までに時間がかかる。
ワークフロー(WaWaFlow)なら
ワークフローで申請したい、書式ごとにルートを設定可能。ですので利用者はワークフローから申請すれば、自動的に正しいルートにまわります。 また、条件分岐も可能で、例えばワークフローで3万円以上の申請は3万円以下のルートとは別のルートに自動設定できます。

申請書類は、どの書類を出せばいいのだろうか?

書式原本が不明
出張の申請をしたいが、どれが最新の書式かわからない? 違った書類を申請してしまい、再度出しなおしをしてしまったなど、何が最新で最新でないかが管理できていない。
ワークフロー(WaWaFlow)なら
ワークフローで書式ごとに、有効期限を設定可能。最新の書式のみ利用者で閲覧させることができます。ワークフローの利用により、書式管理も楽になります。

お気軽にお問い合わせください 0120-632-004 受付9:00~17:00 資料請求、お問い合わせはこちら 無料体験も受付中

ページの先頭へ