むやみにSFAの利用を決めてしまうのは危険です。
しっかりとした機能性や利用金額などを調べた上で購入するアプリやソフトを決めるべきです。
ここでは、SFAを導入することで出来ることを解説します。SFAを使ってなにが出来るのかまずは知ることから始めましょう。
今回は当サイトでオススメしている「WaWaFrontier」というSFAを元に出来ることを紹介しています。

面倒だった日報入力が【簡単】に出来る!

営業に必要な日報入力。
営業担当者にとっては上司に報告するためでなく、振り返りをするツールとして非常に重要な作業です。
会社によってはエクセルなどパソコンに打ち込んだ後にメールで提出したり、場合によってはノートで提出している会社もあるかもしれません。
上司に提出してもリターンが遅かったり、何かとコミュニケーションがとりづらいと思ったことはないでしょうか。
『WaWaFrontier』をはじめとするSFAを利用するだけで、1日の商談内容や業務内容が一覧で表示されたり、上司は簡単に閲覧できたりコメント返信もリアルタイムで受け取ることができます。毎日のことだからこそ効率を上げておくべき点です。

また、『WaWaFrontier』だとグループウェアにも連動することが出来るので別システムで立ち上げる手間も省けます。
>SFAシステムWaWaFrontier|導入が簡単でお手軽なSFA

SNSのような形で後輩にアドバイスが出来る!

日報などで登録された営業活動内容に対して、コメントをしたり、コメントが出来る『コメント機能』があります。
自分の営業アプローチは間違っていないだろうか……先輩に話を聞きたいが、
なかなかチャンスがない……先輩からのアドバイスを文面に残しておきたい……など、

SFAを導入するだけで情報共有やほしかったノウハウを先輩から簡単に提供してもらうことができます。
また、部下にも『成長』や『気づき』を与えられるチャンスです。
今の時代アドバイスをしても、すぐに落ち込んでしまう若手社員がいて困っているというマネージャーもいるでしょう。
これで『先輩として出来るだけ角のないようにアドバイスをしたい』という悩みも解消できます。
後輩はもちろん自分の成長にもつながりますし、今までになかった考え方を得られるチャンスです。
こうしたコミュニケーションツールを持つことで職場の士気がアップしたり、成績向上も期待できるのです。

案件の停滞に気づくことが出来る!

SFAで非常にオススメの『WaWaFrontier』には『フィルタリング機能』という営業にとってありがたい機能があります。
ついつい溜まりがちな放置案件。

いつまでもファイルや資料の中にまぎれてしまい、みすみすチャンスを逃してしまうことはないでしょうか。
『このクライアントがあったじゃないか!』と年末の大掃除で後悔した……なんてエピソードも聞きます。
チャンスを逃さないためにもSFAのフィルタリング機能は非常にオススメ。

自分が気づきたい情報をあらかじめセットし、そのタイミングでお知らせしてくれるのです。
そうすることでチャンスを取りこぼすことがなくなりますし、顧客に定期的なアプローチをすることができます。
SFA『WaWaFrontier』は放置案件をなくすことができる素晴らしいアプリケーションなのです。

できる会社はSFAを導入している!

SFAは個人でやっていた仕事が可視化でき、個人営業から組織で動くスタイルに変換できるアプリケーションです。
『WaWaFrontier』ならお手軽な価格で始められますし、
たくさんの機能を搭載しているので満足出来る仕様であることは間違いありません。
結果や効率を求めるならSFAはオススメです!

関連コンテンツ

■ 「失敗したかも」SFAを利用する際に起きがちな3つの失敗ケース
■ 営業支援をしてくれるSFA。導入するなら事前に準備をしよう
■ SFAを使いこなすために知っておきたい3つのキーワード
■ 売上に貢献してくれるSFAの選び方を解説!
■ SFAとCRMにはどんな違いがあるのか検証!
■ SFA導入失敗!? そうならないために気をつけること!
■ SFAを選ぶと得られるメリットとはどんなものがあるのか?
■ SFAに求められる標準的な機能とは?
■ ただつけて終わってない?営業日報を活用するメリットとは
■ 比較する前に知っておきたい! SFAの選び方まとめ
■ 業務が向上するSFAって何? 営業支援システムを解説