内部統制がとれていない組織は、常にリスクを背負って事業を運営しているようなものです。
そもそも内部統制とは何か? 組織にどんな影響を及ぼすのかを勉強(すでに知っているという方は復習)をして、リスクヘッジをしていきましょう。
そして、イチから再建を考えているという企業には、オススメのアプリがあるので、そちらも併せて紹介していきます。

基礎から学ぶ内部統制

内部統制は、組織が適正に業務を遂行するための体制のことです。
組織が目的に対して効率的に達成するために、その組織内においてルールをつくったり、業務の流れを整備していくことを指します。
内部統制は、4つの目的を達成するために存在しています。

・業務の有効・効率性の確保
・財務報告の信頼性の確保
・事業活動に関わる法令の遵守
・資産を保全


これらが達成されていると「内部統制がとれている組織」と判断できます。
4つの目的が達成されていないと、業務の効率が悪く、いつまでたっても会社の経営状態が良くなりません。
さらに、虚偽の報告をすることが当たり前になったり、社員が法令違反をして不祥事が世の中に明るみになり会社の存続が危ぶまれたり、不当な手続きで資産が劣化したりと、会社の運営ができなくなってしまうのです。

内部統制が取れていないとどうなるのでしょうか? 以下の例を参考にしてください。

A社員「出張費の立て替えが10万円ありました。経費精算書に記入しているので精算してください」

立て替え経費は5万円でしたが、Aは嘘をついてだまし取ろうとしていました。領収書の添付もなく、本来ならばここで発覚するはずなのですが……。

B事務員「分かりました。処理しておきます。」

上司の承認や、領収書の添付などがされていないにも関わらず、ルール(内部統制)が作られていないばかりに、起きてしまった事象です。
これは、会社にとってもリスクのあることですよね。

上記は極端な例ですが、このようなことがまかり通ることになり、このまま放置していると組織は崩壊してしまいます。だから、組織にとって内部統制は必要なのです。
この内部統制は、一見難しく考えがちですが、いざまとめてみると、当たり前のことではないでしょうか。
改めて自社には内部統制がとられているのか振り返ってみてください。
一度精査することも、リスクを回避する一歩となります。
もちろん、どれかが達成されて、どれかが達成されていないというのは論外。
4つの目的をしっかり達成させてこそ内部統制がとれていると判断できるのです。

内部統制をとるためにフォローしてくれるワークフロー

近年では、企業の不適切な会計処理や、データ改ざんが明るみになっています。
「ウチも大丈夫か……」と心配されている経営者や役職の方には、ワークフローを導入することをオススメします。
なぜなら、近年、内部統制を強化するものとして注目を浴びているものだからです。
中でも「WaWaFlow」は、初心者でも使いやすく、簡単に申請書が作成できるアプリとして注目されています。
「WaWaFlow」を導入することで、業務プロセスがモニタリングされるので、不正は一切なくなります。
このように不透明な部分をクリアーにすることで、内部統制の強化を図ることができるのです。
コストも削減されたり、承認漏れなどもなくなるなど、様々なメリットも生まれますので、是非、導入を検討してみてください。

WaWaFlowなら初めての方にもシンプル・簡単にご利用いただけます。
>ワークフローWaWaFlow|格安で簡単操作のワークフロー

まとめ

・内部統制は4つの目的で構成されている
・内部統制がとれていないと組織が崩壊する
・ワークフローは内部統制を図る上で重要なファクター
・中でも「WaWaFlow」はオススメ

関連コンテンツ

■ 簡単で扱いやすいワークフローの定義とは? 解説します!
■ ワークフローの正しい選び方分かっていますか?
■ ワークフローを導入することでどんなメリットがあるの?
■ 会社で行う稟議の申請は「電子化」することがトレンド!
■ 組織の問題点が見えやすい「業務の見える化」を検証
■ 面倒な申請業務を効率アップするためのポイントを解説
■ 知っているようで知らないグループウェアとワークフローの違い
■ 導入する前に知っておきたいワークフローの失敗例
■ ワークフローで解決できる課題とは?
■ 注意点を守ればワークフロー導入は失敗しない!
■ 比較する前に要チェック!ワークフローの正しい選び方
■ 企業が注目しているワークフローとは?
■ ワークフローの機能や出来ることを発表します!
■ ワークフローのメリットまとめ
■ クラウド型ワークフローのメリットが知りたい!
■ 申請書類のペーパーレス化は難しい!?