一口に簡単なワークフローを導入したいと言っても、一体どれを選べば良いのか難しいものです。
ここでは、『簡単すぎて驚き! 使いやすいワークフローとは?』と題して、様々な視点から使いやすいワークフローを解説します。
商品選びに困っている企業の方は是非、参考にしてください!

ワークフローの導入について

そもそも、ワークフローを導入すること自体に手間がかかるのは問題外です。
業務を効率化しようとしているのに、スタートでつまづくなんて意味がありません。
高品質のワークフローが、各社からリリースされていますが、導入前に厳しい検査があったり、担当者がうまく説明してくれなかったり、会社のシステムが合わずに余計なコストがかかったり……。
様々な条件が重なり、導入すること自体に手間取る場合があります。
また、バージョンアップする際も、いちいちソフトをダウンロードしたり、エンジニアを呼んで対応してもらうなど、それこそ時間の無駄です。

当サイトがオススメするワークフローの「WaWa Flow」は、ソフトではなくアプリケーションなので、インストールは不要。
導入時やバージョンアップ時のコストを大幅に削減できるメリットがあります。
さらに、導入前、導入後で担当者がフォローしてくれるので、不明点などが起きた場合も安心です。
ちなみに、各営業所間でもインターネットにさえ接続できれば、ワークフローを共有することができます。
これができるようになれば、簡単に会社全体のルールが明確化され、一律の業務ができるようになるのです<

申請フォームについて

申請書類は、各企業によってルールが明確化されているので、ワークフローが導入されたからといって、いきなりルールを変えることは難しいでしょう。
しかし、ワークフローの中には、カスタマイズができなかったり、高度なプログラム知識が必要だったり、余計にややこしくなってしまうものがあります。

ワークフローの「WaWa Flow」は、申請フォームが簡単に作成できます。
もちろん、難しいプログラム知識は一切不要です。
パソコンが苦手な方も分かりやすいシンプルな画面で、操作方法も簡単です。
標準のテンプレートの他に、いろいろなパターンを作成できますので、社内のルールに沿った申請フォームの作成ができます。
会社のカラーに合わせたカスタマイズも可能ですよ!

書類の検索について

急遽重要な書類を探さなければいけない時、どこに行ったかわからず焦った経験が誰しもあるでしょう。
それが、上司に見つかるとこっぴどく怒られる……。
もしも書類が見つからなかったら、もちろん評価は下がりますし、重要な書類であればあるほど、最悪のことを想定せねばなりません。
そんなことにならないように、やはりワークフローシステムを導入して、すべてサーバー上に保管しておくことが大切なのです。
書類を探すために、1時間かかる作業が、ワークフローでは、わずか1分で終わります。

「WaWa Flow」では、未承認、承認済みの確認はもちろん、文書タイプ、申請者、承認者、期間指定などの条件検索が可能なので、簡単に書類を見つけ出すことができます。
もちろん印刷やCSV出力も可能。
また、申請書類毎に申請書の閲覧者を限定することができるので、外部に漏れる心配がありません。

まとめ

ワークフローを導入するだけで、今まで時間がかかっていたことが簡略化されます。
簡単に申請書類が作成できたり、検索ができたりと言うことはありません。
是非、ワークフローシステムの導入を検討してみてください。
中でも『WaWa Flow』はオススメです!
>ワークフローWaWaFlow|格安で簡単操作のワークフロー

関連コンテンツ

■ ワークフローの正しい選び方分かっていますか?
■ ワークフローを導入することでどんなメリットがあるの?
■ 会社で行う稟議の申請は「電子化」することがトレンド!
■ 組織の問題点が見えやすい「業務の見える化」を検証
■ 面倒な申請業務を効率アップするためのポイントを解説
■ 知っているようで知らないグループウェアとワークフローの違い
■ 組織にとって大切な内部統制とは?
■ 導入する前に知っておきたいワークフローの失敗例
■ ワークフローで解決できる課題とは?
■ 注意点を守ればワークフロー導入は失敗しない!
■ 比較する前に要チェック!ワークフローの正しい選び方
■ 企業が注目しているワークフローとは?
■ ワークフローの機能や出来ることを発表します!
■ ワークフローのメリットまとめ
■ クラウド型ワークフローのメリットが知りたい!
■ 申請書類のペーパーレス化は難しい!?