各社から上質なワークフローシステムが販売されており、一体どれを選べば良いのか不明だという企業が多いでしょう。
初めて導入する会社がほとんどでしょうから、失敗はしたくありませんよね。ここでは「状況別ワークフローの正しい選び方」と題して、失敗しない選び方を紹介しています。
是非参考にしてください。

会社の規模に合っているのか?

会社の規模は様々。
少数精鋭で運営しているところから、何千人規模の人が働き、支店などがある会社もあります。
ワークフローを選ぶ際には、この会社の規模にしっかり対応してくれているかを調べてください
中には機能や価格も申し分ないのに、数百人までしか対応していないという理由で、導入を断念したケースがあります。
しっかりと会社の規模に合った対応をしてくれるワークフローを選ぶようにしましょう。

オススメは「WaWa Flow」です。
このアプリケーションは、数人単位から2,000人以上でもOK。
グループ会社でも安心してご利用できます。
「WaWa Flow」は、会社の規模に合ったカスタマイズもできます。

初めてワークフローを選ぶならお試ししてみよう!

そもそもワークフローが何なのかすら、ちゃんと把握していないのに、いきなり社内に導入するといったって、利用する側は戸惑うだけです。
導入しても使う人は少ないでしょう。
もちろん導入前に社内研修をするでしょうが、やはり実際に使ってみないと分からないことも多くあります。

ワークフローを選ぶなら、お試し期間無料でサービスが利用できる機種を選びましょう
実際の画面を見られたり、使い勝手、機種の豊富さなど……試すことができるのは、大きなメリットです。

オススメのアプリケーション「WaWa Flow」は、導入する前に、14日間無料で体験することができます。
無料期間で気に入れば、担当者より最適なサービスを案内してもらえます。
必要に応じてカスタマイズもできるので、使い勝手も飛躍的にアップします。

リーズナブルなワークフローは機能面をみよう!

もちろん、コストをグッと抑えたワークフローを選ぶのが一番です。
利用料金が安いワークフローを選び、業務の効率がアップすれば言うことありません。
しかし、リーズナブルなワークフローに限定して探していると、後々粗が見つかったり、思っていたのと違うかった……と後悔する場合があります。
いくらリーズナブルでも、機能面や使い勝手をしっかり調べておく必要があります。
必要最低限の機能はあるのか、自社用にカスタマイズはできるのか、使って便利だと思えるようなメリットがあるのか……。
いろいろ加味しなければなりません。

オススメのアプリケーション「WaWa Flow」は、必要最低限の機能はもちろん、外出先でも確認ができるモバイル機能、検索機能など、充実しています。これだけあっても利用料金は1ユーザー月々400円(消費税別)。
言うことはありません!

初めて使うなら簡単操作のものを選ぼう!

ワークフローのアプリケーション「WaWa Flow」は、難しいプログラム知識は一切不要で、簡単に申請フォームが入力できたり、シンプルな画面で非常に見やすく使いやすいワークフローです。

初めて利用するなら、やはり分かりやすさは選定する上でのポイントになりますよね。
「WaWa Flow」はその分、自信を持ってオススメできます。

まとめ

アプリケーション「WaWa Flow」を例に、状況別ワークフローの選定方法を解説しました。
どれを選ぶかは会社のカラーや、コストなどを鑑みてからになるでしょうが、その中でもどんな企業でも対応できる「WaWa Flow」はオススメです。
商品選びの参考にしてください!
>ワークフローWaWaFlow|格安で簡単操作のワークフロー

関連コンテンツ

■ 簡単で扱いやすいワークフローの定義とは? 解説します!
■ ワークフローを導入することでどんなメリットがあるの?
■ 会社で行う稟議の申請は「電子化」することがトレンド!
■ 組織の問題点が見えやすい「業務の見える化」を検証
■ 面倒な申請業務を効率アップするためのポイントを解説
■ 知っているようで知らないグループウェアとワークフローの違い
■ 組織にとって大切な内部統制とは?
■ 導入する前に知っておきたいワークフローの失敗例
■ ワークフローで解決できる課題とは?
■ 注意点を守ればワークフロー導入は失敗しない!
■ 比較する前に要チェック!ワークフローの正しい選び方
■ 企業が注目しているワークフローとは?
■ ワークフローの機能や出来ることを発表します!
■ ワークフローのメリットまとめ
■ クラウド型ワークフローのメリットが知りたい!
■ 申請書類のペーパーレス化は難しい!?