上司のお悩み

新卒と中途採用。期待すべきことと期待すべきではないこと

LINEで送る
Pocket

新入社員を新たな仲間として迎え入れるのは、会社にとって期待や不安、出会いなど大きな刺激をもたらすものですね。 しかし、新卒採用と中途採用では期待できることとそうでないことが変わってきます。 文:WAWAワーク編集部サワコ

WaWaOffice

新卒採用と中途採用の、違いを理解

私もいくつかの会社を渡り歩く中で、それぞれの期待を受け、 それに応えるように精一杯の努力を積み重ねてきました。

社会人として最初に入社した会社では、学業だけでは身に付かない仕事の進め方や、 社会とは何か?を学ぶ日々でした。

その後キャリアアップを目指し幾度かの転職を経て今日に至ります。
問題が起きた時に過去に培った経験から難なくこなせることもあれば、
当たり前だと思っていた事が通用しないことも…。
業務の内容だけでなく、各企業によって雰囲気がガラッと変わりショックを受けることも多々ありました。

私の経験も踏まえ一言で言うならば、
新卒の魅力は、秘めたポテンシャル。
中途の魅力は、即戦略や高い管理能力。
この違いをよく理解した上で、採用や指導に当たりましょう。

新卒ならではのポイント

新卒採用で応募してくる方はほぼ全員、社会人経験がありません。 (中には一度社会に出て大学や専門学校に入り、新卒として応募する方もいるでしょうがここでは割愛させて頂きます)

企業側は業務だけでなく、社会人としてのマナーなどを教える必要があります。
新卒は「全員が仕事ができない前提」で育てるものです。
ゆとり世代ださとり世代だ…謎のジェネレーションギャップに苦しむ日だってあります。
もしかしたらすぐに辞めてしまって、教育の苦労や採用コストが水の泡…なんてこともあるかもしれません。

新卒は何でも吸収するスポンジ

新卒には、何でもやってみよう、何でも吸収しよう、という真っ直ぐな気持ちがあります。
その初々しさは職場に活気と新たな風を運んでくれます。
職場の雰囲気がガラッと変わることだってあります。

新卒に大いなる期待をしても良いですが、いきなり当てにしてはいけません。
全ては彼らが見続けるあなたの背中にかかっている、と言っても過言ではありません。

中途採用ならではのポイント

中途採用最大の魅力は何といっても初期値の高さ。
教育コストがかからず、今までのキャリアや経験を生かして即戦力となり得ます。
違う業界からの採用の場合、違った観点からの考え方や発想を取り込むことも可能です。
前職で管理職を経験していれば、常に先を読んだ行動を取ってくれるでしょう。

中途採用は面倒臭い?

しかし、この経験がネックになってしまうこともあります。
元の会社の社風や仕事の進め方に染まりきってしまい、新しい環境に合わない方もいます。
実力や実績がある方ほど、新しい会社の方針よりも自分のプライドや、やり方にこだわってしまいがちな事も。
周りとの連携が取れず軋轢を生むこともしばしばです。

中途採用も新入社員。「教育なし」はありえない

会社のルールや雰囲気を掴むまで、中途採用の社員も手探りの日々です。
それなのに、次のようなことをしていないでしょうか。

・出社初日から、現場に放り込んで放ったらかし
・すぐに給与に見合った結果が出ると期待する


これは、ロクに受け入れ態勢ができていないのと同義です。
中途と言えども、新入社員です。
いきなり違う会社の仕事はできません。
新人教育とまでいかなくても、丁寧なオリエンテーションは必須です。
既に自分の目標、判断基準を持っている方が多いので、会社の理念やビジョンとのすり合わせが必要だからです。

新卒も中途採用も、きちんと教育してうまく導いてください!


WaWaOffice

この記事が気に入ったら
いいね!しよう