現在、グループウェアの導入を検討している企業では、どのような製品が自社に好ましいのかわからない方もいるでしょう。実際に、それぞれの製品で特徴が異なるので、もし自社に適さないものを選択すると、導入しても使いづらさを感じるだけでなく、業務負担が大きくなることにもなります。

ここではグループウェアを徹底比較する際に抑えておきたいポイントを説明します。

利用可能人数を確認する

グループウエア は、1グループで利用できる人数があらかじめ定められています。
そのため、企業人数に対応しているかどうかを確認する必要があります。
当社の場合は3,000人までご利用いただけます。

クラウド型とオンプレミス型

自社にサーバーを設置するオンプレミス型とインターネット上のサーバーを利用するクラウド型に分けられます。オンプレミス型は、自社に設置するためシステム構築に時間がかかり、初期費用や月々の維持費がかかります。
情報漏洩のリスクが低いと言われていますが、運用保守を怠ると一概に安全といえません。

一方でクラウド型はインターネット上のサーバーを利用するタイプです。 登録後するにサービスが利用できる点や、保守管理はサービスに組み込まれているので利用する企業の負担はほとんどありません。 一般的にはクラウド型はカスタマイズがしにくいものが多いと言われていますが、当社ではご要望に合わせて対応しています。

操作が簡単か

グループウェアを選ぶ上で操作性は比較する上で抑えておきたい重要ポイントです。
もし使いづらいグループウェアを選択すると、社員がスムーズに操作することができず業務負担が大きくなります。

一般的に製品導入後は、社員が取り扱いに慣れるまで多少の時間を要します。使いづらい製品の場合は、慣れるまでに時間がかかり、業務に支障が生じる可能性もあります。
一例ですが、使いやすい製品の特徴は、直感的に操作ができるグループウェアです。直感的に操作ができれば、慣れるまでに時間がかかりません。そのため、導入後も業務に影響を与えることが少ないです。

マルチデバイスに対応しているか

仕事にパソコンを使用する会社がたくさんあります。しかし、現在ではパソコン以外にも、スマートフォンやタブレットを使用して仕事する機会は増えました。
そのため、比較する際にはスマートフォンやタブレットに対応しているかどうかも抑えておきたいポイントです。

カスタマイズに対応してくれるか

デフォルトの機能が何か確認することは大切ですが、カスタマイズにどれだけ対応できるか確認することも大切です。
特別に機能を追加することで、それぞれの会社に必要な機能を搭載した状態でグループウェアを運用が可能です。

料金の比較も抑えておきたいポイント

一般的に多くのグループウエアが月額制を導入しています。料金を比較する際は契約期間についても確認しましょう。
またカスタマイズを検討している場合は、カスタマイズ料金についても同時に確認すると比較する際にスムーズです。
当社では月額費用0円を採用しているので、導入コストも抑えることができます。

課題を明確にして比較する

ここまでグループウェアを比較する上でのポイントについて説明してきました。漠然と比較するのではなく、実際に使用する担当者の意見や課題を明確にした上で比較をすることで最適なグループウエアを選択することが可能です。無料体験を上手に利用して検討してください。

関連コンテンツ

■ グループウェア移行の際に注意するポイントとは!?
■ グループウエアの種類を全て教えます
■ グループウェアの導入率は?どんな企業が導入しているの?
■ グループウェアとCRMの違いをレクチャーします
■ グループウェアで選ぶなら「使いやすさ」で選ぼう
■ 社内の情報共有をするために必要なツール
■ 違いが知りたい! 社内SNSとグループウェアの特徴
■ 仕事の効率をアップさせたいなら、社員のスケジュール管理が大切!
■ 法人向けグループウェアの賢い選び方
■ 低価格のグループウェアを探している企業へオススメのアプリを紹介
■ グループウェアの資料請求について詳しく解説
■ グループウェア「WaWaOffice」の無料体験版がオススメ!
■ 安心できるグループウェアについて詳しく解説します
■ グループウェアは簡単操作・シンプルなものを選定しよう!
■ 課題を見つけるためには業務の可視化が重要
■ グループウェアを利用している企業に聞いた……導入事例が知りたい!
■ グループウェアで解決できる課題とできない課題とは?
■ 導入する前に知っておきたいグループウェアの失敗事例
■ 結果を出すためにグループウェアを有効活用する方法
■ グループウェアの導入後に行うべきこと
■ グループウェアの導入前に気を付けるべきこと
■ 小規模組織がグループウェアを選ぶときのポイント
■ 勤怠管理を電子化するとメリットだらけ!
■ コスト、手間がかかりすぎるタイムカードの問題点と解決策
■ 大人数の組織になっても破綻しないための情報共有術
■ 煩雑なプロジェクトの進行管理は一元化してミスをなくす!
■ 営業マンのタスク管理のキモは
■ グループウェアのメリットは無限大!?
■ グループウェア 無料オープンソースのメリットとデメリット
■ グループウェアが使いこなせない!導入の失敗を防ぐための注意点
■ グループウェアで出来ること、グループウェアの魅力を解説
■ グループウェアとは、業務の効率化に欠かせない情報共有ツール
■ 多くの企業が求めるグループウェアの標準機能とは?
■ クラウド型のグループウェアを選ぶことでどんなメリットがあるか?
■ グループウェアの最適な比較ポイントを解説!