グループウェアの導入に大きな期待を寄せていたのに、さしたる効果が見られない。
社員がうまく使いこなせていない。
本当に意味があるのか?とお悩みの方。グループウェアは導入するだけでは効果が出ません。
また、業務用に合った製品を選び、カスタマイズすることも大切です。グループウェアの失敗例と注意点を解説します。

グループウェアの失敗例

グループウェアの導入失敗例としては、以下のようなものが挙げられます。

・社員が使いこなせていない
・コストがかかりすぎている
・拡張性が低く、長期の使用はできなかった
・使われていない機能が沢山あって無駄に感じる
・ユーザビリティが悪く入力が億劫
・効果がよくわからない

グループウェアは大企業では既に80%が導入しており、中小企業へも急速に普及が始まっています。
しかし、みんながやっているから何となくいいものだろう、という感覚では導入に失敗します!グループウェアはどの製品も同じような機能を掲げておりコスト面に目がいきがちですが、実際に使ってみると機能や使いやすさに大きな違いがあります。

導入後に度々変更しては現場に混乱を招くばかりですので、実は導入は非常に慎重に行わなければならないのです。

機能は業務内容に合ったものを。現場の声をいかして選定

ほとんどのグループウェアは、多機能が売りです。
あれもできます、これもできます、拡張できます、というものが多いです。

しかし、不要な機能が膨大にあるととっつきにくさを感じさせてしまいます。
大切なのは、業務内容に合った機能を入れることです。

まずは、グループウェアで何をするのか、何を改善したいのか、ということを明確にしましょう。
「社内コミュニケーションを円滑にしたい、なぜならチーム内の年齢差が激しく仲間意識が低いからだ」という場合、もしかしたら必要なのはグループウェアではなく、チームビルディングかもしれませんし、あるいは社内運動会で共に汗を流すことかもしれないのです。

機能の選定は、上司目線ではなく、現場の声をいかして行いましょう。

グループウェアの利用者は現場の社員です。

彼らが使いやすいものでないと、そもそも使ってもらえない、ということが起こります。
グループウェアを導入しているのに情報があがってこない、というのは最も最悪なパターンです。

まずは小規模でスタート。全社導入は慎重に行う

グループウェアの利用料金はライセンス数課金がほとんどです。
事業規模が大きくなり社員が増えるごとにコストも増えていきます。
将来的に、グループウェアにかかるコストが莫大なものになる可能性がありますから、
全社的な導入はリスクがあります。

まずは小規模のグループ内でのお試し運用がおすすめです。

グループウェアは道具ですから、実際に使ってみて初めてわかることがあるのです。
また、グループウェアは「○○に使ってはどうか」「こんな使い方をすると○○の問題がなくなる!」といったユーザー自らの気付きも重要です。
ミニマムコストで少人数でスタートし、まずは基盤作りを行って下さい。

社員の協力をあおぐ。運用の指南役が部署内に必要

人が示すのは抵抗感です。
電話一つでも、使い慣れない道具を与えられるのはストレスですね。
そこで、グループウェアを初めて導入する際には、社員の理解を得ることも必須です。

・なぜ導入するのか、社員の協力が不可欠であること
・どのような問題が解決できるのか
・全員に活用して欲しいこと、意見を出して欲しいこと


あらかじめこのような合意ができていれば、もし失敗しても「上が用意したシステムが使えない」「変なものを押し付けられた」といった感情ではなく、共に解決していくことができます。
グループウェアを使っていると、様々な不都合が出てくることがあります。
使い方がわからないといった問い合わせも増大する可能性があります。
そのため、部署内にはグループウェアの指南役がいることがベストです。

まとめ

ループウェアの導入で失敗する原因は、必要機能が業務に合っていないことが多いです。
導入時にはミニマムコストで小規模のテスト運用を行い、基盤作りを行いましょう。
機能の選定が難しい場合は、導入前にコンサルティングを受けることをおすすめします。
「WaWaOffice」では、どのような業務で誰が何に使うのか、といったことからお客様ごとに必要な機能の選定を行っています。

WaWaOfficeならグループウェア導入が初めての方にもシンプル・簡単にご利用いただけます。
>グループウェアWaWaOffice|簡単操作のグループウェア

関連コンテンツ

■ グループウェアで選ぶなら「使いやすさ」で選ぼう
■ 社内の情報共有をするために必要なツール
■ 違いが知りたい! 社内SNSとグループウェアの特徴
■ 仕事の効率をアップさせたいなら、社員のスケジュール管理が大切!
■ 法人向けグループウェアの賢い選び方
■ 低価格のグループウェアを探している企業へオススメのアプリを紹介
■ グループウェアの資料請求について詳しく解説
■ グループウェア「WaWaOffice」の無料体験版がオススメ!
■ 安心できるグループウェアについて詳しく解説します
■ グループウェアは簡単操作・シンプルなものを選定しよう!
■ 課題を見つけるためには業務の可視化が重要
■ グループウェアで解決できる課題とできない課題とは?
■ 導入する前に知っておきたいグループウェアの失敗事例
■ 結果を出すためにグループウェアを有効活用する方法
■ グループウェアの導入後に行うべきこと
■ グループウェアの導入前に気を付けるべきこと
■ 小規模組織がグループウェアを選ぶときのポイント
■ 勤怠管理を電子化するとメリットだらけ!
■ コスト、手間がかかりすぎるタイムカードの問題点と解決策
■ 大人数の組織になっても破綻しないための情報共有術
■ 煩雑なプロジェクトの進行管理は一元化してミスをなくす!
■ 営業マンのタスク管理のキモは
■ グループウェアのメリットは無限大!?
■ グループウェア 無料オープンソースのメリットとデメリット
■ グループウェアが使いこなせない!導入の失敗を防ぐための注意点
■ グループウェアで出来ること、グループウェアの魅力を解説
■ グループウェアとは、業務の効率化に欠かせない情報共有ツール
■ 多くの企業が求めるグループウェアの標準機能とは?
■ クラウド型のグループウェアを選ぶことでどんなメリットがあるか?
■ グループウェアの最適な比較ポイントを解説!